スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

理解できない人がいてもいいよ

2008年05月03日 08:25

ネタ-ekken


「ネタですよ」と書かないと、それがネタであることを理解できない読み手の方も、ちょっとかっこ悪いと思う。



私も理解できない一人かも。理解できないというか、別に書かれていることが真実だろうがネタだろうが、おもしろければどうでもいいっていう考えなんだけどね。理解できない読み手の何がみっともないとえっけんさんが思ってるのかはわからないけれど、私がみっともないと思うのは、理解できない人じゃなく、理解できなくて相手に根掘り葉掘り聞く人ってことかな。まあ、私も根掘り葉掘り聞いた過去があるんで、今から思うに、かーなーりーみっともなかったと思うけど。まあ、それは書かれてたことがネタだったわけじゃなかったんだけどね。つまり、くりりんするようなことが書かれてあって、それについて根掘り葉掘り「あたしのこと?ねええええ、あたしのことなのおおお?」と聞いたわけで。こういうの自分でもマジうざいと思う。(爆)
まあ百歩譲って、相手に問わずに自分のテリトリーでそう叫ぶくらいは許されてもいいかなあとは思うけど。ええ、そりゃもう、私もそうしたいという理由で。(W


書かれていることがネタであるかどうかなんてどうでもいいことだと思うんだけどね。本当にネタなのかどうなのかっていうのは書いた本人にしかわからないものだし。ネタにしか思えないというようなものでもネタじゃなかったということだってないわけじゃないからなあ。事実は小説よりなんとやらっていう言葉だってあるくらいだし。


私の場合はネタであることを理解されたいとも思ってないところがある。むしろ、ネタであることを理解できない人もいてほしいかなと思うほう。もちろん、理解できずに質問攻撃されるのもちょっとなあとは思うけれどね。私が書いた小説に対して「それはあなたの経験をもとにして書いたのか」と言われたこともあったからねえ。でもまあ、それくらいの質問ならそんなにうざくは思わないけどね。つーか、すべてではないにしろ、多少は経験も入り込んでいるし、自分の思想をキャラに喋らせているところもあったりするんで、そう聞かれたら「ご想像におまかせします」としか答えられないんだけどさ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。