スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

価値がないなんて言わせない

2008年05月14日 10:43

ブログを辞めた理由


そんなわけで、ブログってのは成果物の情報拡散目的でしか威力を発揮しないんで(今更だけど元々の利用目的はそんなだし)、成果物のないブログに価値はないなと。

価値のないブログを公開し続けるってのは、結局は自己満足なんだよね。で、いつの間にかブログを更新することが目的化しちゃってる。

自己満足のループ。気づいた時にはもう手遅れ。時間は戻らない。



ふーん、ブログって青果物…あ、間違えた(爆)、成果物なんだ。へーそうなんだー。価値ねえ。うん、まあ確かに私が書いてるブログなんて価値はないかも。だって、他人のために書いてないもんな。私のためだけに書いてるわけだからさ。そりゃ、他人からしたら価値はないかもしれない。


ノイズの場所で書いてるものは、多少なりとも他人さまの書いたものを取り上げては書いてるんだけど、別の場所で書いてるブログ、とくにリアルでの愚痴垂れのブログや、子供の頃からずっとノートに書いてた日記を転載して今の自分がそれについて語るっていうブログなんかも、完全に他人から見たら価値のないものだもんねえ。そりゃ、そんなふうに「価値はない」と言われてしまうんだろうけれど。いや、まあ、この人にそう言われたわけじゃないけど、でも、成果物のないブログに価値はないと言い切ってるわけだからさ、言ってるようなもんでしょ。


でも、その価値のないと思われるブログを公開しているのは、少なくとも私は、誰か一人でもどこかには「これは価値がある」と思ってくれる人がいるんじゃないかという気持ちがあるから公開し続けているんだよね。価値はないと決め付けたくないよなあ。絶対どこかにはいるはずだよ。「君の書いたものは価値があるよ。誰一人価値がないと言っても、自分には価値があると思っているよ」って、言ってくれる人がきっといるんだって、私はそう信じてるから。


だから、私はやめない。ブログは絶対やめない。これからも書きたいというこの気持ちがある限りは、書き続ける。自己満足のどこが悪い?少なくともこの自己満足で、私は自分で自分を救っているんだよ。それだけでも十分価値はある。価値がないなんて言わせない。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。