スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達をなくすことにはならない

2008年06月11日 10:36



ブロガーという病 - 琥珀色の戯言


言っておきますが、私はじっぽさんの書くものは好きですよということです。なんでそんなことを言うかというと、そうやって言い訳がましいことを書いておかないと、なんか変な誤解されそうな気がしたんですよね。えっけんさんとのやり取りをずっと見てて。しつこいようですが、私はじっぽさんのことを嫌いなわけではありません。もっとも、どんなに私はこうだからと言ってもわかってはもらえない人なのかもしれないという気持ちは拭えないんですけれど。


 もしあなたが柳美里さんなら、もうそれはしょうがない。

 彼女は、そういう生き方しかできない人なのだろうから。

 でも、「ブログや文章で身を立てていこう。そのためなら、どんなに身内に後ろ指さされても構わない」というのでなければ、顔出しで身内の不幸をネタにするのはやめたほうがいい。そんなこと言わなくてもみんなわかっているはずなのに、人気ブロガーになると、ついついサービスしちゃうんだよね。

 それでキャーキャー言っていた人たちは、閉鎖したあとは鼻水もひっかけちゃくれないのに。



 友達や身内をブログのネタに使うな、ブログは炎上するかもしれない。それはそれで仕方ない。でも、友達までなくすことはない。



これを読んで私がくりりんしたのは間違いないです。まあ、じっぽさんが私のことを念頭に置いて書いたわけじゃないとは思いますが(それはわかりませんが、もしかしたらってこともありますしねえ)、でも、私も間違いなく身内や友達をブログのネタにする人間だし、よく知っているわけじゃない人の書いたものまでもネタにして書く人間ですからね。そりゃもうくりりんしてしまってもしかたないでしょう。というか、じっぽさん自身も友人や身内をブログのネタにして書いているという自覚は持ってるんでしょうか。自分もやってるということを棚上げにして他人を批判してる自覚なんですけど。自分をも批判の対象として込みで批判していると言うのならまあしょうがないよね、好きに書けばいいと思うんですけれど、もしかしたら気づいてないのかもしれないなあなんて思っちゃったんですけれど。ブクマでもこんな発言がありますよね。


2008年06月10日 ululun blog fujiponさんも、そのブロガーさんのことを良くは知らない儘、ブログに書かれた死を題材にしてエントリを起こしているという事実から逃れることは出来ていないのですけれどね。不謹慎ゲームから逃れることは出来ない



まさにその通りだなあと思いましたよ。
じっぽさんは、お通夜の写真つきで死のことをブログネタにしている人を批判しているわけです。そうやってその記事に対する違和感を書いているわけです。違和感を書くことは自分の正直な気持ちを書くことで何ら問題はないと私は思います。私もこうやってじっぽさんの書かれたことで思ったことを書いているのと同じことですからね。けれど、死をネタにするとはどうかと思うといったような記事を書いている自分もまた死をネタにして書いているということに気づいているんでしょうか。気づいていて書いているというなら別にいいんですけど。つまりは、じっぽさんが柳さんの話を持ち出しているように、自分もまた「不謹慎な人間」であり、そういうブロガーとしての生き方しかできないのだとわかってやってるということで、不謹慎な道を進めばいいわけですしね。でも、自分は死はネタにしない、身内や友達のこともネタにしない、不謹慎なブロガーではないと言うのなら、こういった記事は書かないほうがいいんじゃないかなあと思いました。いや、違う、そんなことは言ってないと言うかもしれませんけれど、でもさ、だってさ、どう見ても自分はそういう不謹慎なブロガーとは違うというふうに取れる記事だなあと思うんだもの。


私はもうどうでもいいと思ってるよ。私は誰に最低最悪な女だと思われてもいいと思ってるよ。だって書きたいと思ったことをこれからも書いていきたいから。不謹慎だと言われても、誠意がないと言われても、本当は相手を好きじゃないんだろうって言われても、好きな人に好きになってもらえなくても、それでも私は「書きたい」と思ったことを書いていきたい。私の母親のように「お母さんのどんなこと書いてもいいよ」と言ってくれる人だって世の中にはいる。私はそんな母や、そんな人たちこそが一番素晴らしい人々だと思っている。そういった人たちは自分の死でさえもネタにして書いていいよって言うよ。ただまあ、そのうちの一人は「覚悟を持って書けよ」とは言うだろうとは思うけれど。


書くっていうことはね、友達は持っちゃいけないんだと思う。というか、持っちゃいけないという心構えでいなきやいけないってこと。「友達までなくすことはない」そんな言葉は何の力も持たない。書いたとしても友達をなくすと決まったわけじゃない。書くことで友達をゲットできることだってあるはず。現に、私だって、確かに書くことで友達はなくしてきたけれど、それとは逆に友達もゲットしてきた。書くことで。そういうこともあるんだということは忘れないでほしいな。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。