スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その人の心に残る存在になりたい

2008年06月25日 10:54



Gackt 情報閲覧室    Aphrodite 6月21日・・・

1999年6月29日 ラジオ「黄金時代」より
今日はマリスミゼルのメンバー、Kamiのことを少し話したいと思います。彼は先週・・・この世からいなくなりました。いろんなね、彼に対する思い。。。彼のことを応援してくれている人たち、いっぱいいると思う。 実際にね・・・実際にすごくショックを受けている人もいっぱいいると思う。うん、でもね、ちょっと前こんな話を聞いたことがあって。。。その人のことをね、ずっと悲しい、悲しいって思いつづけてたら、その人は空に帰ることができなくなる。だから・・・大切な思いを・・・うん、大切な思いだけは胸にしまって、見送ってあげて欲しいって言われたことがある。。。こういう詩があります。
    
   「千の風」
私のお墓の前で 涙を 流さないでください

ここに私はいません
永久に眠ってなんかいません
ほら 今はもう 世界中に吹く 千の風の中です

雪に煌くダイヤモンドのように 世界中を照らす光の中にいます
実りの作物を照らす あの陽の光となり
秋には優しく降る雨になって 全てのものを包んでいます

あなたが朝 窓を開ければ
風となって あなたの髪をサラサラとなびかせます
夜 夜あなたが眠る時
星になって あなたをいつも見守っています

だからどうか そのお墓の前で泣かないでください

私はそこにはいません
私は死んではいないのです

新しく生まれたのですから

あいつもね、望んでると思う。立ち止まって、悲しむことじゃなくて、みんなが前に進むことを。。。つらいと思ってる人たちもいっぱいいると思う。でもね、前を歩いてほしい。俺も・・・俺も、前を歩いてる。今を歩いてる。立ち止まったりはしない。あいつが望んだこと、あいつがやりたかったこと・・・それも背負って生きていこうって思ってる。だからみんなも頑張ってほしい。みんなの中にも、俺の中でも、ずっとあいつの意志も、あいつの心も、あいつがやってきたことも、生き続けるから。。。俺もあいつのことは絶対に忘れない。けど、立ち止まったりもしない。今、自分がやらなきゃいけないこと、今は一生懸命やろうと思う。みんなのことも、見守ってくれてると思う。


引用ではなく転載させていただきました。申しわけありません。

このトーク、全文を読みたかったんですよね。以前、他の方から少しだけ話は聞いていたんですけれど。


死んだ人だけじゃないよ。生きてる人の思いも私たちは背負って生き続けなくちゃいけないんだと思う。どうしても叶えられなかったことを成し遂げようとしている人、成し遂げた人、成功した人、言い方は悪いかもしれないけれど「勝ち組」の人たちはみんな負けていった人たちの思いもすべて背負って生きていくことになる。それを忘れない人が「本物」なんだ。私はそう思う。

1999年6月にこの「千の風」が届けられたわけですね。誰が彼に届けてあげたのかはわかりませんが、私もそんな影響力を与える存在になりたいと思います。それは彼に対してだけじゃなく、他の誰かに対しても。私の放った言葉が誰かにとって忘れられない言葉になること──


私はそのために書き続けているのかもしれない。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。