スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何も鎧姿で出てこらんでも…

2008年08月15日 10:25



リンクして本文うっちゃったままになってる下書きが三つもあるんで気にしてはいるんだけど、なかなか書こうというところまで気持ちがいってない。でも脊髄反射で書きたいものはあるわけで。つーことで、わっさーで購読ぽちっとなしてくれた人のツブヤキ読んで「そういや…」と思ったことを何も考えずに書いてみる。


なんか写真のことで思ったけど、ハードにこだわる人は現実を写し取ることに焦点を置い... - Wassr [お気軽メッセージングハブ・ワッサー]


なんか写真のことで思ったけど、ハードにこだわる人は現実を写し取ることに焦点を置いてて、あまりこだわらない人は自分が現実を作り出すことに焦点がある、気がした。あとは焦点距離でもずいぶん変わるかな。作家性を求める人はあまり望遠使わないだろうし、再現性を求める人は必要とするかも。自明のことか?



「ハードにこだわる人は現実を写し取ることに焦点を置いてて、あまりこだわらない人は自分が現実を作り出すことに焦点がある」というこの言葉で思い出したのは、ガクトさんの親友であるYouさんのこと。Youさんは写真に今凝っているらしいんだけど、機械ヲタクだけあってやっぱり写真のハード面でもけっこう凝ってるんですよねえ。で、何となく彼のイメージが確かに「現実を写し取る」っていう感じ。そりゃ、最近になって興味持ったYouさんのことなんで、どこまで私が彼のことを知っているかと言われても、たぶん全然わかっちゃいないんだろうけれど、それでも、私はそういうイメージを彼に持った。Youさんは、現実を作り出すというよりは、あるがままをそのまま受け入れて現実をしっかり見詰めて生きていくっていうそんなタイプに私には思えるんだよね。まあ、雰囲気はボーッとしていて、足が地についてないほわほわした感じなんだけど、その実、本当はすごくしっかりした人なんじゃないかなあって。で、逆に、現実にしっかり足をつけていそうなガクトさんなんか、一番地に足がついてない危なっかしい感じが私にはする。けれど、そんな二人だからこそお似合いな二人なんだろうなあ。


ところで、話は変わって、今朝はガクトさんが夢に出てきましたよ。謙信祭はいつなのか把握してないんですが、そのせいか、謙信の姿(つまり鎧姿)で出てきて、ガクトさんの謙信姿が印刷された幟を、ゲームに勝ったらもらえるっていうんで、トランプで勝負しました。というのも、昨日はぶっ続けで録画していたハチワンを旦那と見たんで、雰囲気ハチワンな夢だったんですね。でも、私は将棋なんてまったくできない人なんで、結局ゲームはトランプ。ええ、勝ちましたよ、ガクトさんに。でも、幟もらう前に夢からさめちゃいました。残念。でも、ちゃんとガクトさん夢に出てきてくれて、幸せな朝となりました。(u_u*)


これで今日も仕事頑張れそうです。さんきゅーガクトさん♪(^^)v←妄想女健在。(爆)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。