スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行為の代償

2008年09月10日 09:16



13歳で母親になったという話があった。私が高校生の時、もう少しで卒業という頃に妊娠したという人もいたけれど、今と昔を比べることは愚かとはいえ、昔は13歳で子供を産むことは当たり前という時代もあったわけで、何歳で子供を産むことが相応しいかは決められないことだろうとも思う。妊娠できるということは子供を産んでもいい時期なのだという考えもできるだろうしね。私の母のように20歳まで初潮がなかった人なら、まだ身体が子供を産むところまで発達していないということも言えるわけだし。だから、妊娠できるということは産んでもいいのだと言えなくもない。あとはまあ身体ばっかり大人でも、精神的に大人じゃないと、なかなか子供を育てるっていうのも難しいかもしれないけれど。

成人超えても年寄りになっても、まったく大人としての資格を持ち合わせてない人はたくさんいるし、子供だってしっかりとした考えを持った子供もいる。ただ、本当にしっかりとした考えを持ってるというのなら、きちんとした避妊ができると思うんですよね。妊娠しちゃったということは、ちゃんとした避妊をしてなかったと思うんで、そういうことがきちんとできないのもちょっとなあと私は思う。

でもまあ、だからといって、その子が子供産んでから親として成長していくことも考えられるので、一概には「資格なし」とは言えないですよね。親っていうのは子供を産んで、それから親として成長していくものですから、子供であっても自覚を持って親をやっていけば親らしくなっていくと思うし。

でもねえ、やっぱ結婚前はきっちりと避妊してほしいもんです。それが望まぬ行為からでない限りは、勢いのままではなく、ちゃんと自分たちがやってること、妊娠してしまこともあるんだとわかった上での愛ある行為にもっていってほしいもんです。老婆心ながら。(笑)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。