スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記とブログ

2008年10月01日 09:53



ブクマのお気に入りをつらつら眺めていて、日記とブログの違いっていうのを考えちゃいました。


サイトを立ち上げたのが2000年1月、最初からウェブで日記を書き続けてきた私です。そりゃ最初は毎日バカみたいに大量の日記を書いてたわけじゃなくて、書ける時に書いてたです。しかも、始めてしばらくはサイトでわかりやすくリンクせずに、いわゆる隠しページで書いてました。日記というものはごく個人的な書き物であり、人によってはそういう日記というものは他人に読ませるもんじゃないって思っている人がいると思ってたので、それで隠していたわけです。私は子供の頃から日記を他人に読ませることは当たり前として生きてきたもので、そういう「日記なんて他人に見せるもんじゃない」と高校時代に好きだった女の子に言われてショックを受け、そういう考えの人もいるんだと初めて知ったんですよね。だから、ネットでも日常的なことは、読みたくないっていう人もいるだろうから、そういう人に配慮してという思いから日記をを隠していたともいえます。まあ、厳密に言うと、それだけじゃなく、そういった隠したものを特定の人に読ませるっていうことで、秘密の共有を誰かとしたいというあまりたちのよくない気持ちもあったことは確かです。ええ、思い切り私って選民意識のある人間でもあるんで。


でまあ、私の過去の日記を読めばわかるんですが、日常的な記録みたいなもの、どこに行ったとか、何をしたかという記述は日記なんですけれど、それだけじゃなく、新聞とか本とかを読んで思ったことや、日常的なできごとでも、そのままつづりっぱなしではなく、こういうことがあってどう思った、こう思ったという日頃から自分が考えている思いなんかを書いたり、あと、ネット関連で起きたことや、それについていろいろ考えたことを雑多に書き綴っていったわけです。すべて○月×日というタイトル枠でその日にあったことや思ったことなどを分けることなく「そういえば…」といったふうにダラダラと垂れ流していく、そういう感じで。途中、ブログに移行して、そっちでカテゴリを分けて話題別に書くようになっていったわけですけれど、結局は書かれている内容はサイトで書いていた日記と変わりないです。ただ、話題を分けてタイトルつけて書いているというだけで。


だから、私にとって、日記もブログも大した違いはないんですよね。サイトで書いていた自分の日記に書いていたことを書いているだけですから。このノイズブログて書いていることも、以前はサイトで書いていたことでもあります。今は日常日記はサイトで書いていますから、わざわざ分けてここで書く必要もなく、そっちで書けばいいんですけど、とりあえず今は日常日記と分けて書いてます。一緒にしてしまうと、あまりにも長文になってしまうので。今年の日記ページは長文対応じゃないテンプレなんで、一緒くたにして書けないんですよ。だから、分けて書いてます。できれば、いずれはブログで書くのはやめて、またサイトで一本化して一日の書き物は一日分として書いて行きたいとは思ってます。ブログで書いたとしても、結局はそんなに多くの読者を獲得できなかった私なんで、そろそろブログから離れてサイトで一人で自分語りしていくのがいいかなあって思い始めたんで。もっとも、一つだけはそのままにしておきたいブログもあります。サイトで書けないような内容を書く場所として、そのブログだけは「私」から離れた空間として大切にしていきたいと思っていますから。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。