スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンでいたいのか友達でいたいのか

2008年10月03日 11:07



好きで好きで追いかけているガクトさんではあるのですが、逢いたいか逢いたくないか正直に思ってみて、そりゃ逢いたいですよ、はい。しかも、私なんかガクトさんと友達になりたいとまで思ってますからね。ただ、彼と友達になるためには、せめてそれ相応な立場にならなくちゃなあとは思ってもいるんで、友達になるのは無理だろうとは思います。諦めたというわけじゃないですけど、なかなかね、自分が一番得意とするもので成功しないんだもの、そりゃーご褒美はもらえないでしょうよ。(ごほうび?)


でまあ、友達っていうので、なんか誰か、ファンと友達について書いてる人がいて、その人がファンよりも友達のほうが下みたいなニュアンスのこと書いてたんですよね。ファンでいることより友達になるほうが断然すごいと思うんですけど、この人はそうじゃないんですかね。つーか、ただの友達って…なんかはるか昔の嫌な思い出を思い出すんですけど。あなたはただの友達だからって、そんなことを言われたことがあってさ。私はその人と親友になりたいと思ってたのに、ただの友達だって。でもまあ、まだ友達だと思ってもらえるのはマシですよね。結局はその人に「嫌いだ」と言われることになってしまうんですけどね。私って嫌われるんだ、誰かに嫌われてしまうこともあるんだって、ショックを受けた出来事ではあったんですが。てか、どんだけ自信過剰なんだおまえって感じです、今の私から見て、子供の頃の私ってば。私を嫌いになる人がいることが信じられなかったわけですからね。ほんとモンスターチャイルドですよ、子供の頃の私は。今でも少しは片鱗があるって思われてんでしょうけど。(W

相手に対して夢を見続けたいなら、そりゃもう実際に逢わないほうがいい。それは私もそう思う。こんな私でも「そんなこと書いているあなたを見てみたい」と言われたことないというわけじゃないんで、もし、私に対して夢を見たいと思っているなら逢わないがいいかもしれない。けれど、ちゃんと真実は自分の目で確かめて、どんな人間なのか知った上でこれからも付き合いたいと思うのなら、逢った方がいいだろう。そういう気持ちから私に逢ってくれた人も過去に二人いるしね。なかなか私も相手も忙しくて、一人は密に接しているわけじゃないけれど、相手も私も互いに友達だという認識はしている。もう一人も密ではないけれど、ちゃんと付き合っていってるよ。互いにくっつき過ぎないように気をつけながらね。それがちゃんと付き合っていくための努力だと私は信じているから。それはたぶん、相手もそう思っていると私は思う。


私にも「この人に逢ってみたい」というのがないわけじゃない。けれど、積極的に自分から逢おうとは思わない。それは別に夢が見たいからとかそういうことは関係なく、私はどんなに楽しいとわかってても、なかなか外に出て行けない気質の人間だからに他ならない。日々スーパーとかに買い物に行くくらいなら何も気負うことなくいけるんですけれど、どこかに遊びに行くということにでもなると、とたんに「行かなくていいってことにならないかな」となってしまうんですよね。たとえば、息子の懇談とか、学校行事とかに行くのはストレスになって、いやだなあ、行きたくないなあとなるのはわかるんですけど、行けば楽しいってわかってても、それでも出たくないとなるのはなんなんでしょうね。たぶん、ガクトさんのライヴにしたって、行きたくてそれで頑張ってチケ取りをしたわけですけれど(これは私にしてはすごいことなんですよ、いつも他人任せでしたから、自分から頑張ろうとしたわけですからね、それだけ行きたいと思ってるわけです)、それでもその日が近づいてきたら、行かなくてもすむことにならないだろうかっていう気持ちになるんだろうなあと思います。まあ、そういったドタキャンをしないためにも一人で行くことにせずに、息子と一緒に行くことにしたわけですけれどね。


話戻して。(笑)


サイトやブログなんかを見ててファンになって、その人と逢って友達になってしまったら、とたんに相手のサイトやブログを見なくなる人がいるらしいんですけど、それ、友達になったからそうなってしまったとは違うんじゃないかと思う。たぶん、心の中で「なんだこんな人だったんだ」という気持ちが出てきちゃったんじゃないかな。つまり、友達になったではなく、夢が崩れてしまったというやつ。友達でもなんでもない、友達以下に相手が自分の中で位置づけられてしまったというそれだけのこと。そういや、こんなことがありましたよ。その人の作り出すものを見て、どんなにキレイな人かと思って実際に逢ってみたら、自分が思ってた通りの人じゃなかったとなって幻滅したと言ってた糞野郎がいましたが、夢を見るのは勝手ですけれど、たとえ自分が思ってたような相手じゃなかったとしても、それを直接本人にぶつけるバカがどこにいるかって。いやまあ、ここにいるってそいつは言うんでしょうけれどね。それに、まだ直接本人に言うならいい、本人には当たり障りないこと言って、他であることないこと誹謗中傷しまくるよりはと言う人もいるかと思いますけれど、どっちもどっちじゃんね。そりゃ、自分が想像してた人じゃないというのは、まあ好みっていうのがあるんで、思ってしまうのはしょうがないとは思うけれど、絶対言ってはいけない、表明してはいけないっていうことだってあるんですよ、私が言うのもなんですが。(爆)
でも、こんな私でも、絶対言っちゃいけないことは言いませんよ、それでも言ってないと言えるのかって非難されてもね、私は自信持って言いますよ。はい。


だから、興味なくなったのは、友達になったからじゃない。ただたんに興味なくなっただけ。だたそれだけのことなんだと思う。それにさ、友達だからって、何から何まで趣味が一緒ってわけじゃないもんね。それでも友達でいられるのが、本当の友達なんだと思うんですけどね。だからさ、そんなに興味なくなってしまっても負い目に感じることもないのに。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。