スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情を出さない人

2008年10月18日 10:11



うちの旦那さんは背も高くないしごつくないし全体的な雰囲気がやさしい感じで、一見して落ち着いた物腰柔らかなおとなしい人っぽく見える。この人が瞬間湯沸かし器っぽく怒り出すところをついぞ見たことがない。だから、20代で付き合いだした頃から今までに、他人がこの人を評価する時には「優しそうな人」「まじめそうな人」なんだけど、でも、私は子供の頃から旦那のことを知ってるんだけど、子供の頃からずっと、私は彼に対して「何をするかわからない人」「怒らせたら怖そう」「嫌なヤツ」という印象を待ち続けてきた。それはなぜか。「人を見下している」ということが感じられたからなんだよね。実際、結婚してからこっち、自分より能力の劣った人間に対して、かなり辛辣なことを言うことも知ったし、ちゃんと怒りっていうものも持っているということも知った。ただ、彼はプライドがめちゃくちゃ高い人間でもあり、かなりの見栄っ張りでもある。足元を見られたくないって思ってるんだろうな。あと、他人にできることが自分にできないことがすごく嫌ならしいし。そういう人って、かっこ悪いことはしたくないとなるんだろうね。たぶん。つまり、怒りに任せて暴力を振るうとか、暴言を吐いたり怒鳴ったりっていうのは、プライドの高い彼にはできないことなんだろうと思う。

若い頃に、どうして私が彼に対して「何をするかわからない人」と思ったかというと、彼は感情表現がわかりにくかったからなんだよね。私のように怒ったり泣いたり笑ったり喜んだりをそのまま何も考えずに出してしまう人間の場合、第三者は安心するんじゃないかと思う。まあ、別の意味では安心はできないんだろうけど、とにかく、こう言えば、こうすれば、こいつはこういった反応を示すっていうことでの安心感は得られると思うんだ。けれど、感情を素直に出さない人間は、どう言えば、どうすれば、怒るか喜ぶかわからないので、私にとっては「何を考えているかわからない」となって、とても扱いづらくなるわけで。で、旦那の場合は感情を素直に出してこないから、いつも同じ雰囲気を漂わせているわけ。「不機嫌そうなオーラ」という雰囲気を。まあ、感情をちゃんと出さない人すべてが「不機嫌」が基本というわけじゃないとは思うけれど、私にとってはどうしても感情の揺れが激しくない人は等しく「不機嫌」に見えてしまうんだよね。だからつい「怒ってる?」と思ってしまうわけ。いつもニコニコしているだけっていうのも、確かに感情表現がそれだけで揺れない人っていうイメージはあるけれど、私にとってはニコニコしているだけでもなんでか感情表現は豊かって思ってしまうんだよなあ。なんでだろ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。