スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日記はただの備忘録

2008年11月04日 08:29



今朝はちょっとたいぎくなるかもと思ったので、いつもの過去日記ブログの日記掲載は昨夜予約投稿であげときました。今やっとのことで中2が終わり、今度は中3の時の日記に突入するわけですが、ほんとその頃の日記って「日記」なんですよねえ。(笑)ほとんどその日に起きたことをただ書き付けただけと言った感じで、当時の私がそのことをどう思ったかという心情はほとんど出てこない。もっとも、場合によっては書かれていなくても「ああ、そういや、あんなこと思ってたよなあ」と思い出すことはあるんですけれど、ほとんどは思い出せない。だから、あることがあって、または何かを見て聞いて「こんなことを思った」という記述は高校になってから後の日記に書いていくようになったと思います。つまり、今ネットで私が書いているような原型がその頃にはすでに出来上がってたという。ただ、紙媒体に書くこととキーボードに打ち込むことは、その手の疲れ具合からして同じとは言えない。キーボードで打ち込む文字はそれこそ際限なく書き付けることができる。けれど、紙に書く場合はどうしても手が疲れてきて書けなくなってくるわけで。だから、どうしても今はノートに日記なんて書けない。と同時に手紙もちょっと難しい。だから、この間、ガクトさんに手紙を書いたのも、かなり苦労して書きました。まず、パソコンで思ったことをダダダーっと書いて、それを見ながら便箋に書き写すということをやりました。だから、手紙の内容は私の手元に残ってます。

昔、まだネットを始める前にワープロで原稿書きをしていた頃は、そのワープロで打ち出したものを手紙に印刷して、それを友人や梓さんへのファンレターとして送ってたんですけど、人によってはそういう手紙に不快感を示す人がいたものでした。確かにその気持ちはわからないではないです。手書き神話とでも言いますか、ワープロの誰でも一緒な文字よりもその人の個性が窺われる手書きっていうのは温かみがあったり、その人の気持ちが込められているという感じがするっていうのは私もわかりますけれど、一番の問題なのは書かれている内容だと思うんですよね。どんなに手書きに温かみがあると言っても、内容が上辺だけのものだったら私は悲しいもの。手書きで罵倒された時なんか、その言葉には呪詛が込められているとまで思いましたもんね。温かい?何言ってんだか。手書きに温かみを感じるっていうなら、手書きには呪いだって込められますよ。私は、言いたい。ワープロ文字の手紙だって、温かみは感じられる、と。それと、私みたいな悪筆だと、読めない手書きの手紙を送るよりはよっぽといいと思ったんですけどね。いっときますが、私は確かに字が汚いんですけど、ちゃんと綺麗な字は書けるんですよ。だから、字の練習すればいいでしょっていうのは的外れなことなんです。ではどうして手紙や日記だと綺麗に書けないかというと、のりにのって書き出すとスピードがつきすぎて字が綺麗に書けないんですよ。綺麗な字って早いスピードでは書けないと思うんですけどね。違いますかね。それにしても、ちゃんとガクトさん私の手紙、読めたですかねえ。なるべくゆっくりと時間かけて頑張って書いたつもりですけど、やっぱどうしても長い手紙だと手が疲れてきてどうしても汚くなるし、のりにのってくるとついつい書くスピードが上がってしまって汚くなっちゃうし。だから、結局は汚い字の手紙となってしまったようでしたけれど。ごめんなさい、あんな読みにくい手紙なんて出して。(><)

さて、日記のことなんですけど、私は日記でコミュニケーションをしようなんてあまり思ってません。確かにサイトで日記書いてた時、掲示板に日記への反応があったことは嬉しかったし、それが縁で広がった交友関係というものもあったけど、基本的に日記は自分への備忘録でしかなかったからです。日記を読み返すことに意味はあるのかという声も聞きますけど、少なくとも私にはありますね。定期的に読み返すことで過去にあったトラブルを思い出して、悲しい思いをまたしないように気をつけようと思ったりもできるし、過去に気づかなかったことでも現在なら「ああ、そうだったのか。彼女はそういうことを言いたかったんだな」と気づくこともできるし、何よりも、毎年くる何かのイベントや提出物などの出し方などのおさらいができると、とにかくいいことばかり。(笑)もっとも、それも事細かに書いておかないといけないんですけども。最近はなかなか細かいことが書けてないからなあ。でもまあ、それだけ日々の暮らしの中でトンデモ出来事がないということでむしろ喜ばしいことかもしれないけれど。

だから、コメントもういいや。好きに書くにはコメントなんて不要だな。それが今の私の正直な気持ち。そりゃまったく反応がないっていうのも寂しいから、ブクマとかつくかなあとチェックしたりするけれどね。ブクマといえば、えっけんさん他かのせさんとかhatayasanとかつけてくれた前々回の記事だけど、こんなにアルファな人にブクマつけられてもしょぼいアクセスでした。(爆)しかも、ホッテントリからもアクセスあったですけど、ホッテントリってこんなに少ないアクセスしかないんだなあと、ホッテントリに入ってもこんなもんなのかー、大したことないなあと思ったものでした。ほーら、やっぱり私の書いたものなんてダメだったじゃん。ぷんすか。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。