スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それってんまいの?

2008年11月21日 10:28



ここのブログに限らず、他で運営していたブログでも、そんな「ハレの日」なんてなかったけどなあ。少ないながらもどこかに取り上げられたり、えっけんさんにブクマされたり(爆)、そういうことあったことはあるけど、とんでもない数のアクセスなんて経験なかったし。どれくらいのアクセスだったら「ハレ」となるんだろうねえ。たぶん、昔、サイトで炎上しかけた時のアクセスはすごかったんだろうけど、アクセス解析なんてもんついてなかったんで、どれくらいの集客だったのかはわからないし。まあ、一番今まででアクセスがすごいなあと思ってビビッたのがじゅげむのブログだったか。ただ、あれもね、解析見てもいまいちよくわかんなかったんだよね。あの時よりここで書いてるもののほうが断然自分としてはおもしろいって思ってるんだけどねえ。イタイもの書いてることではどっちもどっちではあるんだけどさ。


なんか前に梓さんが「ハレ」と「ケ」の話を日記で書いてた気がする。たぶん、私の過去の日記をガサゴソすれば見つかるんだろうけど、確かに「ケ」があるからこそ「ハレ」が価値あるものとして感じられることはあるんだけど、私は思った、別に「ケ」が続いてて「ハレ」がきたしても、それが書くことへの張りにはならないかなあって。いやまあ、まったくないとは思わないけどさ。その「ハレ」っていうのがどういった「ハレ」かが私には問題だから。ただのアクセスの過多が「ハレ」には私にはならないからだと思う。私にとっての「ハレ」は、たとえばその人一人に向けて書いたものが、ちゃんとその人に届いてて、その人が絶妙な反応をしてくれた時。そういうのを何度か経験するとね、もうね、それ以外のことは「ハレ」じゃなくなるんだよな。それにしても「ハレ」って言葉、なんか「んまそー」と思った。なんか、んまそーなアップルパイをもらったような気がするんだ。くれくれ「ハレ」って感じ?(W




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。