スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

価値のないブログなので好きに書かせてもらいました

2008年11月27日 08:32



私のブログは他人にとっては価値のないブログだと思っている。そりゃ、私の書く物が好きだと言ってくれる人は価値があると思ってくれているだろうけど、果たしてそうだろうか、本当にその人にとって価値があるとなってるだろうか。それはわからない。価値があるよって言ってくれる人は一人か二人しかいないからな。他の無言の人々については「これこれこういうことで私にとっては価値があるんです」って言ってもらわない限りは私は何も信じない。って、言われても信じるかどうかもわからないけど。これはもうね、自己中の極みなんだけど、わたしの価値観というものと他人の価値観がズレているからなんだろうなと思わないでもない。もっとも、本当にズレてるかどうかなんてみんなに「どうよ?」と聞いてみたわけじゃないんでわかんないんだけど。

私が他人の書いたもので価値があると思うものは「いかに私に何かを書かせるか」に尽きる。今、ある人の書いたものでこんなふうに脊髄反射で何かを書かせてもらってるわけなんだけど、まさにこれを書かせた記事は私にとっては価値のあるものだ。そういう私に何かを書かせる力があるものを書いている人は私にとって価値のある存在だ。その人が気に食わない人であってもね。(爆)何も価値あるものを書いてくれるからといって、だからその人が「好き」というわけでもない。それは私だけじゃなく、他の人もそうだろう。けど、価値あるものを提供してくれるから好きにはなりやすいとは思う。私なんかはけっこうそういうことが多いから。その中でも最たる存在が有名人で現在二人いるけど(バレバレやな)、私がその人たちを好きで執着するのも、価値あるものを提供してくれるからだけじゃなく、その人の考えや思想が私にとってしっくりくるものだからなんだよね。そして、何より私の背中を押し続ける人たちということで。まあ、書かせるということだけでなく、その存在で何かを頑張れる、ちゃんと行動できるっていうのが私にとって価値のあるということなんだろうな。もちろん、何も書くことがなくても、読んでるだけでほんわかいい気分になれるとか、安らげるっていうのにも価値はないわけじゃないけれど、だけど、やっぱり私は何かを書きたい人だから、どうしても価値が上がる存在っていうのは「私に何かを書かせる」ってことなんだよなあ。

まあ、ありがたいことに、ノイズのブログでも他のいくつかのブログでも、脊髄反射的に閉鎖してしまおうとして、それで「待った」をかけてくれた人とかがいたんで、少ないながらでも私の書く物に価値を見出してくれている人はいるみたいだなあとは知れた。その価値が、私の考える価値とは違うのかもしれないけれど。他人の考えを尊重するのなら、そういった価値観も認めなくてはならない。けど、私はワガママだ。やっぱ、私と似たような価値観を持ってる人と仲良くしたいなあとも思う。でもそれはなかなか難しい。つまり、私の書く物で思わず「こんなん出ましたけど~」と何かを書いてくれる人、そういう人がまったく私にはいないということにかなりの絶望感を抱いてしまったということ。私には他人に何かを書かせる力はないんだという事実。私は誰の背中も押すことはないんだという、そういうことを幾度となく思い知らされることに絶望してしまった。

確かに、私のコミュニケーションのしかたは特殊だ。それについてこれる人なんてそうそういない。昔はそれでも何人かそういったコミュニケーションを取れる人もいたけれど、そういう人はなかなか群れるということを嫌う人たちで、結局はみんなどこかに消え去ってしまった。さて、私もそろそろひとつに絞らなくてはならないかなあと思っている。これでまた何人かを切り捨てることにも繋がるんだろうけれど、それはもうしょうがない。私もまた進化し続けなければならないからね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。