スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

派遣について言っとこうかね

2008年12月18日 23:20



派遣社員切りの話題で世間は賑々しくなっているようですが、ええ、うちの旦那さんも以前は派遣社員でした。今でも忘れた頃に登録していた派遣会社から電話きますよ「どうですかお仕事は」って。別に電話してくれなくても、仕事がなくなったらまた連絡しますよ、ったく、人が寝てる時間に電話してくんなよって思うんですが。まあ、昼夜関係ない仕事をしていて、昼間に寝てるとは知らないでしょうから、そんなこと思うのも酷なことなんですが。でも、やっぱり電話してくんなってどうしても思っちまいやす。もっとも、以前やってた派遣の仕事も、夜勤のある仕事でもあったんですけどさ。


今昔の日記を読み返してきたところなんですけど、旦那はとあるホームセンターに20歳かそこらで定職として勤め出したんですけど、それも私という女をゲットするためだったということです。私が当時、日曜祭日関係ない仕事をしていて、その休みにあわせるためにと勤めた仕事だったらしいんですが、もし私に振られたとしても、転勤願いを出して遠くに行くこともできるという考えのもとで勤めた会社だったらしい。でもまあ、うまい具合に私と付き合うことになって、それで他の友達たちとはなかなか休みが一緒になれなかったんですけど、私と旦那はお休みが一緒ということで、いつも一緒に行動してました。そんな会社でしたけれど、2003年5月に退職。理由はふたつ。会社の方針についていけなくなったことと、その当時辞職すれば、まとまった退職金が出るからということでした。おかげで、2001年に亡くなった舅のお墓を建立することができました。けれど、それからなかなか仕事が見つからなかったんですよね。私としては3ヶ月くらいで見つけてくれるかなあと思ってたんですが、半年くらいはかかったような気がする。というか、確認しようにも2003年は8月から11月までの4ヶ月間をウィルスのせいでログを消失してしまったんですよ。でも12月にはパン屋さんにすでに勤めていたというような記述があったんで、その4ヶ月間の間に再就職したはずなんです。けどまあ、そこもすぐに辞めてしまいました。とにかくあまりにも仕事がキツクて。当時、旦那が考えた物語に自分がやってる移動パン屋さんの話でも出てきた話ですが、とにかく雪山なんかも当たり前でパンを売って回るっていうので、崖から落ちてしまいそうになることもあったりして、私としてはもっと別の仕事についてほしいと思ってました。でまあ、体力的にも精神的にもやっていけないとなり、そこもすぐに辞めたわけです。といっても、日記を確認してみたら翌年の7月に辞めてたんで、一年近くはパン屋さんで仕事してたってことですよねえ。それから一ヵ月後に決まった仕事が派遣会社の仕事だったんですよね。それから2007年5月まで派遣社員として働いてたわけです。約3年でしたか。本当は派遣じゃなくちゃんとした正社員の仕事がよかったんですけど、正社員って給料安いんですよね。たくわえがあって、それで何とか補いながらやっていくか、妻が同じような正社員としてバリバリ働くかでもしないとやっていけないと思う、あんな給金では。ただ、派遣と違って福利厚生が整ってるからマシだし、やっぱ正社員っていきなり解雇ってこともないだろうしなあというのもある。もちろん、今のご時世じゃ、それも危ういんですけど。だってさ、旦那が正社員として勤めていたホームセンターだって、結局は正社員切りをやってたようなもんだもん。旦那はしがみつかずにサッサと見切りつけて辞めたわけだし。
派遣って、手っ取り早く稼ぐにはいい職種だと思う。始めたその時から20万前後はちゃんといただけるわけだしね。ただ、生活していくには困らなくても、貯金するには苦しい。ボーナスとかがあればそれを貯蓄にっていうこともできるんだろうけど、派遣にはそういうもんないし。家族とか持ってなければ、けっこう何とか貯めていくことはできるかもしれないとは思った。いかんせん旦那の場合は高校にもなるような息子にマトモに稼いでいるとはいえない妻を抱えているわけですから、なかなか貯金はできませんでしたよねえ。


でまあ、2007年、その派遣を辞めたというより解雇されて辞めざるを得なかったわけです。もうそんな頃から派遣切りは始まってたわけですよ。はい。まあ、旦那は幸いにも親族のおかげで新しい職場を見つけることができたんですけどね。しかも正社員です。ただ、かなり仕事はキツイと思います。それでも派遣の時と同じくらいか、それ以上の給料はいただけてます。いかにキツイ仕事かわかるってもんでしょう。けれど、それでもガンガンに辞めていく人いますから。旦那曰く「守るものがないもんはダメだな」とのことです。やっぱ、自分のように養っていく家族がいる人は根性すわってて、仕事も辞めるってことはないようです。だから、根性なしな一人もんの若者がすぐに辞めてしまうようですよ。まあ、幸いにも、仕事はキツイようですが、昔のようなストレスありまくりの接客業とは違って、今の仕事は旦那には合ってるようです。でもねえ、それでも妻としては心配ですよ。派遣の時の夜勤とかあってキツイとはいえ、製造業でしたから事故っていうのもそんなに心配はしてなくて、帰りの車の事故が心配ではあったというくらいでしたけれど。今の仕事はモロ事故に遭ってしまう確立は高いだろうし。旦那の運転の腕は確かで、信じていてもね、巻き添え食ってしまうってこともあるだろうし。でもまあ、今の仕事についてから1年と半年過ぎました。ほんと少しづつではありますけれど、金銭的にも余裕が出てきました。やっぱり福利厚生があるっていうのはいいもんです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。