君の幸せを祈っていた

2008年12月23日 22:38

「今はとても幸せなんだろうな」と彼が思うようになって、とても感慨深く思った。彼のメルマガを以前読んでいて、いつだったか危ない時もあった。その時、いつか彼に幸せが訪れますようにと心から祈った。あれからだいぶ経つ。ここまで来たんだ。本当によかった。心からそう思う。ここを彼が見るかどうかはわからないけれど、もし見たとしても、コメントつけない私を不快に思うかもしれない。けれど、私にはもうコメントを残す気力がない。ごめんなさい。