スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何のために書くのかと聞かれたらやっぱりね…

2009年11月29日 10:38

何のために書くのか、それは書きたいからだと書いている人がいた。それは私も同じだ。私も自分のために書いている。公開した場所に書いているからといって、他人のために書いているわけじゃない。これが私には一番楽しい書き方だから書いているというだけに過ぎない。それは今までにも何回と書いてきたことだ。私は自分のために書いている。ただ、誰かに読まれていることは自覚しているんで、まったく読者を気にせずに書いているかといったら、やはり多少は気にして書いてもいる。

『 自己顕示欲ということでいえば強いほうだと思うのだけれど、俺には奇妙なほどに「自分を見てほしい」という気分がない。見てほしいのは自分が書いた文章であり「俺はこう考えている」ということ「そのもの」のほうであって、むしろ俺本体に近づいてこられるのは病的なくらいに怖い。』(「なにを、なんのために書くか」みたいなこと - G.A.W.より引用)


引用した記事を書いた人は「自分を見てほしい」というわけではないようだ。では私はどうなのか。私も自己顕示欲は強い。そして、自分の書いたものは、確かに自分のために書いてはいるけど、それを読んでもらいたいという気持ちも強い。誰かのために書いているわけではないけど、読まれたい。そういった気持ちがあることは否定しない。自分を見てほしいわけじゃないと記事の中の人は言ってるんだけど、自分の考えや文章って「自分」なんじゃないかと私は思ってるんだけど違うんだろうか。そりゃ、提示された考えや書かれた文章で自分をすべて語ることはできないんだけど、それも自分の中の一部ということで、「自分」なんじゃないかと思うんだけどね。もしかしてあれかな、生身の自分を見られることが嫌なのかな。つまり、リアルで会うっていうのが嫌だとか。そういうことなのかな。それなら少しは私も気持ちはわかる。てか、「俺本体」と書いてあったよ。ほんと私ってば読解力ないよなー。

それを踏まえて私はどうだろうか。一応、私もネットで知り合った人と会ったこともある。確かにリアルで接触持つって気を遣ってしまったりと精神的なストレスとか出てきてしまうから、それを感じるのが嫌だというのもあるんだけど、考えてみたら、相手だって同じだよなあって。もちろん、中にはそういったストレスなんて感じない、人と会うのが大好きという人もいるんだろう、初めてでもまったく気にしない、とか。ただ、やっぱりほとんどの人が初めて会うのは多少の緊張やら何やらはあると思うんでお互い様だよなあって。自分だけがストレス感じてるわけじゃないんだってことを忘れなきゃ、二度目三度目と接触持っていくうちに、そのうちに昔からの仲良しさんみたいな関係になっていくことだろうな。そんなふうに思った。

それにしてもこの人、海燕さんが大好きらしい。それは「ぶれない」ところらしいんだけど、私はそんなに彼が「ぶれない」とは思ってないんだけど、だからといってそれが嫌いというわけじゃない。私はどちらかというと「ぶれる人」っていうのは嫌いじゃないから。とはいえ、気持ちはわかる。私も彼の書く文章は好きだから。もちろんすべて彼と同じ考えを持っているというわけじゃないんだけど、彼の考え方とか姿勢とかは好感が持てるし、書かれている考えなども同感なものが多いから。

『 そういえば、余談的につけくわえるんだけど、ついったーの有名な人なんか特にそうだし、真のアルファブロガーまなめさんなんか見てても思うんだけど、楽しそうなんだよね。やたらに。楽しそうにしてる人が「楽しい」って言ったときに、そこに人が集まるのは、まあ必然かなーと思った。

 俺は湿度高いので、湿度高い人たちどうしで今日もついったーで楽しくやってます。』(「なにを、なんのために書くか」みたいなこと - G.A.W.より引用)


そうかなあ。確かに私もこの人と同じく湿度はかなり高いと思うんで、それで言うと私の周りに人が集まらないのもわかるんだけど、この人って私より確実に多くの人が周りにいると思うんだけどね。というか、私はどっちかってーと同種の人たちとつるむのはあんま好きじゃないかも。ついったーでもかなり浮いた存在だっていうのは自覚してるしね。

それと、この言葉。

『俺、引用すごいへただと思った。』(「なにを、なんのために書くか」みたいなこと - G.A.W.より引用)


いやいやいや、私に比べたら断然うまいと思ったよ。うん。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。