スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見ているだけで

2012年02月07日 22:53

昔、交流していた人のブログを読んでいてふっと思ったこと。私は交流なんかしないほうがいいのかなあって。ブログではコメントをつけることもできる。その人がコメント欄を閉じていなければ。けれど、その人のブログはコメント欄を開放しているわけだから、私だって書き込みしていいんだよね。でもできない。私は少なからずその人とは過去に親しく会話させてもらっていたから、その人の反応が怖いというのもある。もっとも、その人は他の人に対する接し方と同じ接し方をしてくれるだろうと思うし、それに、だいたい「怖い」って思うこと自体が「そんなこと思う資格もない」と自分ツッコミしてしまう。「怖い」と思うならあんな騒動起こさなきゃよかったんだよって。で、その人とはまた別の人のことでつぶやいてみる。


彼女のことも最初は見つめているだけだった。
偶然見つけた彼女のサイト。
当時私が好きだったドラマのこと書いていた。
それから彼女の書く詩に惹かれ、彼女の書くものすべてに魅了され。
でも話しかけれなかった。
あるきっかけで「話そう」となって掲示板に書き込みしたわけだけど。
その人と交流しなければよかった、と今は思う。
私にとってはその人と交流したことは今でもよかったことと思える。
けれど、彼女にとっては私は害にしかならなかった。
深く深く傷つけた。
どうして私はこんなふうに相手を傷つけてしまうんだろう。
私はそういう人間なんだ。
たぶん今まで私と知り合ってきた人すべてが私に傷つけられてきたはず。
ただの一人も傷つけられなかった人はいないはず。
そりゃ、傷つき傷つけられることが交流であって、傷つかない交流なんて存在しないというのが真実なのかもしれない。
けど、そうだったとしても、私のように相手をとことん傷つけてしまう奴は、本当に大切に思う相手とは接触しないほうがいいんだろうなあって。

見ているだけでいい。
見ていられることは幸せ。
けれど見ているだけはちょっと淋しい。
でも、それが双方にとって一番いい関係なんだ。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。