スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歪んでしまうのは環境だけじゃない

2012年02月24日 21:40

イザークとラチェフは似たような境遇だと思う。いや、厳密にいうと違うか。イザークは化け物になるべくして育てられ、子供に注がれる親の愛情はもらえず愛を知らずに育った。ラチェフも同じように親からの愛情はもらえなかった。子供さえいなければ幸せになったのにと言い続ける親に否定され続けて育った。親からの愛情をもらえず自分を否定されて育ったという点では同じだけど。ただ、イザークの親は彼の本当の親なのかどうかはちょっとわからないが、ラチェフの親は実の親だったみたいで、あの親にしてこの子ありというのもしかたないのかもしれない。だから、様々な要因が子供の性格付けに関係してくるんだろう。だから、何も最悪な環境だったから歪んだ性格に育って、将来、何らかの犯罪に手を染めるってものでもないと思う。イザークが光に向かうこと、ラチェフが闇に落ちていくこと、それらは創作ではあるけれど、現実世界でも同じことは起こりうる。

不幸な生い立ちだからしかたないと言わないでほしい。不幸な生い立ちでも歪まずに育つ子だって大勢いる。不幸な生い立ちでなく、普通の家庭で親の愛情に包まれて育ったとしても犯罪を犯してしまう者もいるんだよ。決めつけないでほしい。確かにそこに至るまでの出来事は犯罪抑制のためにも考えなければならないことだろうけれど、犯罪は犯罪。許されることじゃない。それがどんな理由であっても、許しちゃいけないんだ。

話し変わって、それでもラチェフって私は好きなキャラだ。ぜひあの役はガクトさんにやってもらいたい。もっとも、ラチェフやるにはガクトさん年食ってしまってるけど、たとえばアニメになったとしたら、声はガクトさんにやってもらいたいよなあ。(笑)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。