スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の場所

2012年04月14日 22:53

私の文章は食虫植物のような文章でもないし、過剰な情念のこもったヤバイものでもないし、奇っ怪なテキストでもない。そうであれば昔も今もオチする人がいただろうし、たくさんのアクセスだってあるだろうし、ブクマだって多いはず。それがないということは私の文章はただの文章。私以外の誰にも顧みられないそんなごく平凡の文章ってことだ。まあ、それは言い過ぎかも。一人や二人は「そんなことない」と言ってくれる人もいるだろうしね。だから、そんなに悲観してるわけじゃない。好きに書いていくためにこういった環境にしていったと言えば、それは本当のことだし、それを負け犬の遠吠えと言われたとしても、それもまたほんとのこと。彼女が自分に才能ないと言えば言うほど、その才能に軽く嫉妬しているのも確かなんだけどな。私のほうこそ「あんたはまだマシじゃん」「私のほうこそその人たちにスターつけてもらったり、ブクマしてコメントされたいって思ってんのにさ」なんて言っちゃうんだけどねえ。いやいや、そういうふうになってしまったのも私のせいでもあるんだから、せめて一人くらいは訪問者に来てくれるんだというのを嬉しく思うようにしないとなあ。あの頃、よくここを読んでくれてた人のほとんどがたぶんもうここは読んでなくて、その人だけが時々思い出したように覗いてくれるのを私は大切に思うようにしないと。それこそ、昔投げつけられた「あなたからみんな離れてしまうよ」ということにもなりかねない。

私も彼女じゃないけれど、昔のテキスト(というよりポエムみたいなもんだけど)を過去ログにこっそり追加してみるかな。だって、ここは私が私のために公開している場所だもの。私は私の書いた物を読み返すのが何よりも好きなのだから。そのための場所なんだから。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。