スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

創作の上でのストレス

2012年04月27日 11:18

*おハナシ書くのは…

おじゃまします。
私もかならずしもハッピーエンドじゃなくてもいいと思いますね、ラストは。
すべての作品がっていうわけではないけど、
私はだいたいラストの情景とかセリフを決めてから、
それに向かってプロットを作っていく、みたいなことをしています。
確かにそれはストレスになりますが、書いていれば、
それはどうしたって避けることのできないものだと思うので、
思いっきり七転八倒して話を進めていきますね。
たまにおもしろいほど進む時もありますから、プラマイゼロってとこですか。
創作の上のストレスは宝だと思って、ゆったりかまえましょうよ。

*S○○○さんへ(すみません私信です)

あなたの「+愛情!」を見て、なんだか昔の私を思い出せた気がします。
ありがとう。
私もあなたのように、読んだり見たりするのは好きな方です。(そのつもりでした)
でも、投稿生活を始めてから、最近はとんと本を読むということから遠ざかっていました。
さらに、某トピで、そんなに読んでるわけではないのに、
作家の人たちら意見めいたことまで書いてしまって…。

>「この作者は本当にこの物語が好きなんだなあ」
>あとはセリフ?
>その心が身につまされるような言葉まわしがあると
>ぐっと惹かれますね!

そうなんです。
まさしく私もそんな気持ちで小説を書き始めたはずなんです。
私たちも他人にそう思ってもらえるものを書ければいいですね。

-----------------------

創作の上でのストレスは宝、か。今でもそう思えるかどうかは疑問。宝は宝なんだけど、今は極力ストレスは避けたいと思っているから。多少のストレスはないといけないみたいなんだけど、もうこの年になるとね、ストレスはできるだけ避けたいのよ、うん。実生活でも執筆でも。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。