スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吟遊詩人になりたかった

2012年04月30日 22:27

*私もなの。

>経済や社会の問題はどうもお固くて苦手で
>どちらかと言うと、読者の投稿などのほうが
>ずっとしょうに合っていました。

まさに私もそうだったの。
読者の投稿欄に、詩のコーナーがあって、
でも投稿されてる方々は、こういってはなんですが、
どうもお若い方々ではないらしい。
あまりにも生活密着型の詩が多くて
私はイヤだったんです。
もっと幻想的でSFチックで音楽的なもの読みたい!
そう思って投稿を始めてみたんですね。
それと、私もラジオの投稿も1年ほど続けたことあります。
まるで日記を書くみたいに毎日毎日。

*人前に立つと…

私は素直になれない。
でも、何か書いてる時はとっても素直になれるの。

>素直になっていいよ。
>素直っていいことだと思う。

こんなウレシイことはない。
私は昔から吟遊詩人になりたいと思ってた。
彼らは素直に生きている。
そんなふうに歌うように人生を生きていけたらいいな、と思う。

-----------------------------

吟遊詩人になりたいねえ…ほんとにそう思ってたのかな、私。(笑)
でも、マリウスのように、あんなふうに自由気ままに生きていけたらなあと思ったことは確か。ただ、マリウスの場合は一人で生きていく道しかないわけで。妻も子供も結局捨てて、流浪の旅に出てしまったわけで。そんな生き方はやっぱり私にはできないよなあって。だって、私は一人では生きていけない、生活能力ゼロの人間だからなあ。マリウスは己の身体を張って生きていくことのできる奴だもんね。まあ、それをできる器量っていうのもあるわけだし。

そういえば、詩の投稿も今はパッタリ辞めてしまった。まあ、最初はビギナーズラックってやつで毎回載せてもらってたんだろうけれど。詩もねえ、ノル時期とノレない時期があるからなあ。今は詩作はほとんどする気がないし。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。