スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

萌えるシチュエーション

2012年05月05日 09:27

*趣旨が違ってきちゃった…

…みたいですね。
うーん、ていうか、最近のライトノベルに詳しくないもんで
ちょっと困っとります。
昔のジュブナイルならけっこう読んでんだけどさ。
あ、そうだ。小沢淳さんはどうですか?
実は、絵に惹かれて(ああ、ミーハーな私)
「金銀シリーズ」を買って読んだんだけど
今はやりの男と男の恋愛物で、
かなり面食らったんですが、
けっこうおもしろく読めんたんですワ。
誰か読んだ人います?(いないかな?)
それとS○○○○○○○さん、
どんどんぼーそーしちゃってください。(笑)
それこそ意義あると思いますよ。

*正確に言うと、

必ずしもそーじゃない思います。
主人公のリューとエリアードは男同士だけど
あやしい関係っていうだけで
物語はバリバリのファンタジーだし。
だから、男と女のペアが好きだった私としては
ちょっとなーと思っただけ。
最近のドロドロベタベタに比べたらキレーなもんですよ。

----------------------------

そんな私が、男×男の小説もバリバリ書くようになっていったわけで。ただ、それには理由がある。男と女でも障害のある恋愛はドラマティックになるわけで、そうなると男と男、あるいは女と女の恋愛なんてマックスな障害になるから、より一層なドラマティックな物語が生まれるわけだ。決して手に入ることのない相手に恋い焦がれる…そういうのに「萌え」る私だから。(笑)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。