スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しければそれでいい

2012年05月08日 09:44

*やはりあなたでしたか

ええ、そうですよ。
私は媚びてるし、不用意に言葉使ってるし、
短絡的だし、単純だし、なんでもかんでも欠けてる人間ですよ。
そんなこと言われなくっても自分が一番よく知ってます。
でも、結局、あなたも私と同じような人間なんじゃないでしょうかね。
自分に似たヤツを嫌うってよく言うし。
あなたがどんな小説書いてるのか知らないけど、
きっと暗くて深刻なものなんでしょうね。
少なくとも「ライトノベル」ではないと思いますが。
だけど、ありがとう。「書く理由」を考えてくれて。
「自分自身を前に押し出す」ですか…。
前向きに成長しようということなんでしょうね、たぶん。
(やっぱり読解力ない?)

*だから~

言われなくっても私はバカだって!

>人に認められなくてもいいの?

投稿してんだから、認められたいに決まってるでしょ。

>死ぬまで自分のためだけに書くという事?

一応、読者がいるので、自分のためだけじゃないよ。

なぐさめるもなにも、私の書く理由は突き詰めるとたったひとつ
「好きだから」ですよ。
それはなにも小説に限らない。
日記も手紙も詩も新聞のコラムも、すべて。

*自分のためだけに…

書いていた昔は。
それなりに楽しんでくれた人たちもいたけれど
今の私が読み返してみると、
すごい独りよがりなものだった。
でも、今は投稿して、シビアな相手に認めさせるために書いてるので
多少は独りよがりではなくなってきてると思う。
私の場合、小説は「虚構の世界」として捉えていたので
純文学と言われるものが嫌いだった。
でも、私が認められた小説は(佳作だったけど)ファンタジーではなく
まさに純文学もどきのものだったので、
嬉しく思う反面、ショックでもあったんだ。
なんでファンタジーじゃないの?って。

*それでも私は物を書いていく

>何を求めているわけではないけれど
>人生が楽しければそれでいいじゃないですか?

まったくです。
短い人生、楽しまなくちゃソンですよ。
私は、媚びてるし、不用意に言葉使ってるし、どっか欠けた人間…。
それは言われなくても自分が一番よく知ってる。
でも、私はそんな自分を好きだし、好きだと言ってくれる人いるし、
誰がなんと言おうと「物書き」として生き続け、そして死んでいきたい。

---------------------------

「自分自身を前に押し出す」って、つまりは自己顕示欲が強いってことだよなあ。前向きにって…ほんと読解力なっしんぐな私だ。いや、それわかってて嫌味でそう発言したのかな。(笑)

楽しければそれでいい、か。他にもそう言ってくれた人いたんだ。楽しいが一番。だよねえ。ほんと。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。