スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最強の創作軍団(笑)

2012年05月15日 09:57

*はじめまして

私も仲間に入れてください。
ずいぶん前に「聖伝」を書店の人にすすめられて
CLAMPという人たちを知りました。
モロ同人誌系だと思ってたら
やっぱりそうだったんですね。
けれど、ここ数年「東京BABYLON」とか買ったのを最後に
「X」を買い続けながらも読まずに投げていました。
それが「さくら」にハマってしまい、「wish」に泣かされ
CLAMP作品に戻ってまいりました。
とりあえず、そんな女ということでよろしくお願いします。
またみなさんのカキコに目を通してから来ますね。

*私も(ずいぶん前で申しわけない)

CLAMP作品のキャラ繋がりは好きです。
けっこう、あーゆーのってキライって言う人いますけど
私も小説書いてると、同じことやっちゃいますね。

*「さくら」のアニメ

私はNHK教育で「さくら」を見てますが
時々、明らかに絵が違う時があります。
うちは旦那さんと息子と三人で見てますが
そんな時、旦那さんは決まって「今日のさくら、絵が変」と、のたまります。
さすが、昔、イラストレーター目指してた人ですわ。(もちあげとこ)
アニメの見方が一般人とちゃいますね。

*白姫抄

そういう作品もあったなあ。
確か私も持ってたはず…な、なに?なぜだ!
探してみたが見当たらない。
ああっあったはずなのに~~。
こ、この膨大な本の中から探し出せというのか。(じゃあ探すなよっ)
まさか、まさか、引っ越しのどさくさに古本屋に売ってしまったか?
ああっ気になる!
いったいどこへ行ってしまったのだあ~「白姫抄」!!!

*坂本真綾さんと言えば…

某アニメの主題歌「約束はいらない」を歌ってらした方ですねっ。
わあ「さくら」も歌ってるんですかあ。
私「さくら」はグミちゃんのしか知らないから。
今度、おこづかいためて(あんたは子供かいっ)買って聞きます。

*えっ「チュー」ですかあ?

「聖伝」はやっぱり同人誌で発表されてたものなんですね。
や、夜叉が、く、孔雀を…ですかあ~ああーみ、見てみたいゾ~。
さすがに商業誌じゃムリですよねーそーゆーのは。
でも今はけっこう巷にあふれてますよねー「そのて」のストーリーって。

*いろんな人たちと楽しみたい

CLAMPさんたちは自分たちだけで楽しむんじゃなく
いろんな人たち(同人誌系の人も)一般的な人も子供も大人も
みーんなと一緒に楽しみましょうっていうふうに考えてるんじゃないかと
私は思います。

*それに比べ

私も「さくら」や「wish」など、かなり白いな~と感じています。
(私も最初、違和感ありました)
「X」なんかは最近の作品ではあるけれど、真っ黒けですよね。
作品の持つ雰囲気に合わせて画質を変えてらっしゃるんでしょうね。
シリアス物が白かったり、ほえほえ物が真っ黒だったりすると
ストーリーぶち壊しだと思うし。
いろいろなんか大変そうですね。
でも、CLAMPさんたちには頑張ってもらいたいですよね。

*東京BABYLON

みなさんのカキコをざっと見て感じたことは
ダントツに「東京BABYLON」が好きという人が多いことでしたね。
私も一応コミックスを持っていますが、
内容をほとんど覚えてません。
なんか終わり方があやふやだったなーってくらいですか。
一度読み返してから感想書きますんで、
相手してやってください。

*東京BABYLON1巻読みました

星史郎さん、すごく好きなキャラであることが判明しました。
おだやかな顔して、やることはとても恐い、という…。
ま、そんなに単純なことではないんだろうとは思うけれど。
確かこの人も二面性のあるキャラですよね。
となると、北都ちゃんも、考えるに星史郎さんと
同じようなタイプということになる。
あまりにも激しく変化する人なので
かなり好き嫌いが分かれることでしょうが
私は北都ちゃん大好きだな。
もしかすると昴流くんよりもスキかも。
(でも北都ちゃん…あのスゴ過ぎるコスプレもどきは…ちょっと…イヤかも…)

*滅びへの道(1巻続き)

星史郎さんが、東京のことを、滅びへの道を「楽しんで」歩んでいると
言ってましたが、私は東京にまだ一度も行ったことがありません。
憧れの都市であります、住んでみたいとは思いませんが。
ちょくちょく行ってみたいところだとは思っているんです。

*史上最強のカップル(1巻続き)

1巻P.90~の星史郎さんのセリフのひとつひとつが
まるで自分に言い聞かされてるみたいで心に突き刺さります。
穏やかに微笑みながら真実のみを語る。
昴流くんのような優しさは時として人を傷つけることもある。
逆に、星史郎さんのような厳しさが本当の優しさになることもある。
それは相対した人によって変わっていかなきゃならないことなんだ。
だから、昴流くんと星史郎は本当に理想的なカップルだと思う。
それは恋人というよりも、二人が一人の人間ならば…ということ。
きっと「神」と呼ばれる者がそうなんだろう。
完璧な存在っていうやつ。

*ためいきの出るほど好き(1巻続き)

P.106~の昴流くん回想シーンは私の好きなものがたくさん出てくる。
まず桜。
私は桜自体はそんなに好きではないけれど
桜吹雪が好き。
そして、詰襟の学生服。
P.108は、もう最高です。

*好きな言葉(1巻続き)

なんだか「好き」という言葉がいっぱい出てきますね。(笑)
P.131の北都ちゃんのセリフ。
「光合成中のお年寄りくらいなものだわ!」
イヤー、頭をガツンと殴られたくらいの衝撃を受けましたよ。

---------------------------------

「X」は完結したのかな。どこまで買ってたっけ。さすがにもう完結してくれないとなあ。怒涛の読み返しがしたいぞっと。ただ、かなり痛い内容だとは思うんだけど。一時期、ああいった痛い内容は読めない時期があったからなあ。今は大丈夫だと思う。今は新しいのが買えないから、そういう所有しているものを読み返すことで読書欲を満たさなくては。(笑)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。