スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の快楽とは

2012年09月01日 23:32

「それ以上の快楽があるから」を書いたのが今から4年前。今の私は第二の新婚時代を過ごしている気分。というか、新婚時代でもここまでセックスを楽しんではいなかったように思う。今は子供も独立して、その上に旦那様の仕事の関係で、実にセックスをしやすい環境だからというのもあるんだけどね。以前は三ヶ月に一度、どうにかすると半年も交渉がないということもざらだった。それを思うと、今はどうだってくらい頻繁。来年にはもう互いに50になるというのに、元気なもんだ。(笑)で、今は4年前と違って、セックス以上の快楽というものがない。あの頃は「書くこと」が快楽だったんだけど、今はその「書く」ということが快楽ではなくなっているみたいだからだ。以前、mixiで書いたように思うけど、私はセックスで一度もイッたことがない。でも、イケなくても満足なんだよね。たぶん、私はセックスで一度もイケないまま死ぬんだろうなとは思うんだけど、それはそれでいいと思っている。私は旦那が満足してくれれば、それが一番の幸せ。私の身体で旦那を気持ち良くできる、それこそが私にとっての至上の喜び。その気持ちこそが、私にとっての「快楽」そのものなんだ。なーんてことを過去ログ読んでて思った。なんかさ、やっぱ昔書いたものって読み返すの楽しいね。どんだけ自分の書いたもん好きなんだよってな感じ。(笑)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。