スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑ってよー君のためにー(笑)

2012年09月02日 23:02

はてダのほうでがくふらの別館ということにしてたけど、はてダでは広告が常に入るようになっちまったんで、やっぱこっちでガクトさんの話題も書くべーと思う。本館で書けばいいことなんだけど、あれだよなー、ライブドアはなんか使い勝手悪くてさ。気軽に書けないから敷居が高くなってしまって、結局、書きやすいからここで書くことになる。ライブドアはけっこうアクセス数もないわけじゃないから、読まれたいのならアッチで書くべきなんだろうけど、今はそれよりもやっぱ「気軽」っていうのが私にとって一番大事、なんだよねえ。

つーことで本題。

わっさーさるべーじが終わった。何とかログをコピペでHTML化したんだけど、サイトにあげて公開するにはもうちょっと体裁を整えないと公開できない。もっとも、それを待ってる人なんていないだろうから、体裁整えることもなくそのままログとしてローカル保存ってことになってしまうこともありうるわけだ。まあ、それはそれでいいんだけどね。わっさーは途中から私の健康状態を綴るだけっていうのになっていったから、他人にとってはどうでもいいログがほとんど。で、それを読み返していて2010年ってほんっと毎日のように体調が悪かった。しかも、そのせいでかなり精神的に不安定になってもいて、それがさらに体調の悪さに拍車をかけてたみたい。去年もたぶん似たような体調だったんだろうけど、日記を読み返してないからちょっと思い出せない。去年はわっさーやってなかったからなあ。ただ、今年に入ってからは、またしても2010年の時っぽい感じで常に体調がいまいちな感じでここまできている。それでも、2010年よりはまだ今年はマシかなあと思ってもいる。たぶん、別に気がかりなことがあるからっていうのもあるのかも。

というか、本題と書いて、まったく本題のガクトさんの話題にならないわけで。まあいつものことではあるんだけど、前置きが長いのだわ、私ってば。(爆)

ガクトさんの「GACKT Blog» ブログアーカイブ » 久しぶりだな…。」を読んだわけ。その中でガクトさんがこう言っている。

『「問題なんてのは元々、数多くどこにでも存在してる。
一つが解決すれば、その隣に重なっていた別の問題が見えてくるだけ。
新たに問題が起きるわけじゃない。
元々、存在しているが見えていないだけ。
だから、難しく考えるな」



ことごとく降りかかってくる問題ってのは体の病気に似ている。
もちろん、病気一つせず健康で行ければそれに越したことはない。
だが、そんな都合のいい話は滅多にない。
ことあるごとに、故障が起きたり、
節々が痛くなったり、
ダルさや、体調の崩れを感じることだってある。



大切なのは一つ一つを重たく考えず、
きっちり解決して行くこともそうだが、
その病気と一緒に生きていくこと。
共に生きていくことこそ、まさしく必要なことなのではないかと。
拒絶するのではなく、共存する。』


重たく考えず、病気と一緒に生きていくこと…そうなんだよなあって。私は重たくっていうか、かなりネガティブな思いに囚われてしまうところがあるから、体調悪くなると、そのせいでもっともっと不調になっていくみたいなんだよね。この年になれば、どうしたって何らかの不調は出てきてしまうわけで。その不調に打ち勝つには、自身の免疫機構を活性化しなければならないわけで。そのためにはネガティブになってはダメなんだってことは、それは頭ではわかってるつもり。でも、前より今は、だいぶそのネガティブさはなくなってきたかなあとも思う。今年はそんなことを感じた。

『笑いがあれば、笑顔があれば、
疲れた心も、争う気持ちもなくなる。
みんな笑ってくれ。』


ガクトさんがいつも「笑って」と言うのも、彼は知っているんだろうな、笑えば免疫機構は活性化するんだってこと。それはたとえ作り笑いであってもいいという。それでも、心から笑えば、それはきっと強大な免疫と変わりうるかもしれない。いや、きっとそうなるはず。うん。ガクトさん、私も笑うよ。笑ってるよ。アイタタタと痛くなっても、しんどくても、それでも笑えるマンガでも読んで笑ってるよ。きっと大丈夫。私は頑張れる。てか、頑張らない。頑張り過ぎるのもよくないって言うもんね。生きてくために。私は笑うよ。ね、ガクトさん。♡




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。