スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「お前だけは失いたくないのだ」

2012年10月31日 23:55

今夜は映画「陰陽師」をチラッと見たのだけど、そういや当時、日記で熱く語ったなあ、表でも裏でもって。(笑)それで、2001年の秋だったと思ったので、何日だったか忘れてたということもあり、当時の日記を前後読み返してきたのだけど……なんつーか、あの頃の自分の日記はほんっと読みごたえがあるなあと自画自賛。まあ、当時はごく一部の人にもけっこう「おもしろい」って言われてた私の日記でもあったんで、やっぱあの頃は書くことに対して意欲的だったんだよなあと懐かしい限り。今はなかなかあの頃の情熱は出てこないということもあり、私の書く物を待っててくれる人もたぶん見限ってしまった人もいたりするんだろうなあとちょっちブルーな気分でもあったり。実際、ついったーなんかでフォローを切られたりなんかして、そりゃタイムラインに何も流さないんだからしょうがない、あたりまえだと思いつつも、超ワガママな私でもあるんで、やっぱこんな私なんかについてきてくれる人なんていやしねーよなあと自虐的にもなったり、恨みがましい気持ちにもなったりして…いかんいかん、そういうことを書くつもりじゃあなかったんだった。(爆)

表の日記では、清明を完全無欠のヒーローっぽく描くわけでなく、弱点がちゃんとあり、人間くさいところがちゃんとあるという人物像として描いているというのに好感を持ったということ、具体的には清明が博雅をからかってるところとか、博雅を唯一無二の友として失いたくないと泣くところなんてーところに萌え~となったというようなことを書いたのだけど、裏の掲示板では、清明が自宅でくつろいで酒を飲んでる姿があまりにも色っぽくて、思わず鼻血ブーもんだとか、博雅が矢に打たれて死ぬところでの、今までツンとしていた彼が必死な表情で「死ぬな、博雅っ。我らはまだ会うたばかりではないか。これからではないか…俺は…俺はお前だけは失いたくないのだ」と言いつつ、泣くシーンで妄想してしまって、その手の小説を書きたくなってしまったとか、もうね、とにかく楽しー楽しー日記を書いてたわけですわ。あの頃はそんなふうにのびのびと楽しい日記を書いてたもんだ。そして、この「陰陽師」の映画のことでいろいろと思い出してしまう事や人もいたりする。チクリとするようなその思い出は、まあ、ここでは語らないのだけれど。

…まあ湿っぽい話はそこまでにして。

その少し前ではチラホラとガクトさんの話題も出てきた頃で、日記にも少しづつ彼のことを書くようになっていたんだけど、まだどっぷりと彼にハマる前でさ、書かれていることが薄いのなんのって。(笑)だってさ、まだガクトさんよりミッチーのほうがいいなんて書いてる頃だもんなあ。まあ、ガクトさんにハマっていったのも、2002年になってからだからねえ。自分でもあそこまでガクトさんにハマってしまったのも不思議っちゃ不思議だなあとは思うんだけど、今はあの頃よりはそれほどどっぷりというわけじゃない。もちろん、今でも彼を応援しているし、好きでもあるし、そして、恩人でもあると思っている。恩人っていうのは、2002年以降の私を救ってくれたということで、でもあるんだけど。

それにしても、やっぱ2001年前後の日記を読み返すと、またあんな日記を書いてみたいなあという気持ちになったりする。ただ、ああいった形の日記って書くのにけっこう時間がかかったりするんで、今の私にはちょっと無理だなあ。体調のこと考えるとほんというと今くらいの時間まで起きてるのもダメなんだよね。今日は「陰陽師」を見てしまったせいもあって、なんか書きたい気分だったからこんなふうにこんな時間に書いちゃったけど。それに、来月からは一人同居人が増えるから、ますます書きづらくなるしなあ。まあ、その時になってみないとわからないことではあるんだけどね。

「お前だけは失いたくないのだ」か…そんな思いをした人もいたなあ…あの頃の幸せな夢でも見られればいいなあと思いつつ、さて、そろそろ寝ますか。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。