スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛しきハーレクインマンガ

2013年09月28日 15:43

今日は別ブログを更新しようとしてFC2にログインしょうかと思ったんだけど、インフォに気になる記事が出てて、ついついノイズにログインしてしまった。そしたら、足跡になんかちょっとおもしろそうなブログの足跡が残ってたんだよなあ。わりと記事が多いみたいだから、いますぐには完読できないんだけど、今度また時間が取れた時に読みに行こう。てか、その気になる記事だけど。

これ、ね。(笑)

最近、ハーレクインのマンガにはまってるわたしなんだけど、金銭的にもすべての雑誌を購入するのは難しく、何冊かはどうしても立ち読みになってしまうわけで。で、今のわたしの楽しみが仕事帰りのハーレクインのマンガ雑誌の立ち読みなわけ。今日は仕事は休みなんだけど、買物ついでに本屋に寄ったら、その雑誌があった。すべてを立ち読みは時間的にもできないから、今日はふたつくらいしか読めなかったのだけど。その、FC2ブロガーの書いた小説のマンガは今日は読んでない。つか、そっか、ハーレクイン作家の原作じゃないんだ。そういう作家さんのもマンガ化されてんだね。わたしはもう書き手に疲れちゃったんで、読む側でしかないんだけど、この間まで自分の書いた小説がいつかマンガ化されるのを夢見てた書き手としてはちょっと複雑な気持ちではある。まあわたしのことはいいんだけど。

ハーレクインももちろんすべてがわたし好みじゃない。マンガ家さんにも好みがあって、やっぱりどうしても好みのマンガ家さんのを購入対象にしてしまうところはある。ただ、絵は好みじゃなくても話の内容がすごく好きで手元に置きたいとなることもある。だから、わたしの場合、一度ざっと読んで、何度も何度も読みたいとなるものをいずれはコミックスで購入したい派。ただ、すべてがコミックス化されるかどうかはわからないところがあるんで、手元に置いて何度も読み返したい物語は、今は雑誌で購入して、それをクリアファイルに一枚一枚保存して、一冊の本に仕立て上げている。それがいずれコミックス化された場合はもちろんコミックスで購入するけど、それまではそういった形でずっと手元に置いておきたい。

中島さんが亡くなってだいぶ経つ。さすがに小説家では彼女に変わりうる人(わたしにとっては、だけど)はあまり出てこないんだけど、今のわたしはハーレクインがある。まあ小説のほうはなかなか読む気が起きないんだけど、マンガ化されたものは気楽に読めて楽しめるので、とにかく今は一冊でも多くのハーレクインのマンガが読みたいし、読むのが楽しくてしかたない。

ところで、ハーレクインってなんでハーレクインって言うんだろう?←意味調べればいいんだろうけど、めんどくさくてやってなかったり…(笑)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。