スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感情移入ができるかできないかは問題じゃない

2013年10月22日 09:26

過去日記ブログに掲載したものより抜粋

昨日(2008年2月か3月頃)も、旦那と話していたことでもあるのですが、旦那が、「ここにいるよ」「そばにいるね」という歌にものすごく感情移入するということを話してて、その関連で感情移入する歌がどうも旦那と私では違っていて、旦那はYUIの歌がすごく好きで、旦那に言わせると、彼女の歌はいわゆる青春時代のたぎる想いとか鬱屈した思いを爆発させるような歌なんだということなんですけれど。尾崎とかそういった雰囲気の。で、私はそういったものには感情移入ができないんですよね。で、旦那はそれはもう私が落ちるところまで落ちたことがないからだと言うんですよ。私もそう思います。私にはああいった世界観が理解できないというわけではないにしても、どうしても感情移入はできないわけです。それはもうしかたない。私は旦那とは違い、恵まれた環境でずっと生きてきたから。たぎる想いがなかったわけじゃないけれど、私のそのたぎる想いは旦那とはシンクロしない類でもあるから。二人は結婚するまでまったく違う人生を生きてきたわけですからねえ。

でも、私がそういった恵まれた環境で生きてきたのは、私の親が自分たちの経験した苦労を決して子供に味わわせたくないからということで、本当は裕福でもなかったのに、私ら子供には決して不自由をさせなかったから、だからお金に困るということを経験しなかったわけです。人間関係においても、私はそれほど苦労してきたわけじゃないです。旦那のようには。旦那はわりといじめられる側の子供だったらしいですけれど、私はどちらかというといじめる側の子供だったと思いますし。つまりは勝ち組なお子様だったと言っても過言じゃない。そんな私には彼女の歌に感情移入することはできない気がします。まあ、彼女がどういった子供時代だったかはわかりません。でも、私のように恵まれた環境で育ってきたとしてもそうじゃなくても、彼女の歌は間違いなく旦那たちのような鬱屈した青春時代を送った人間の心に訴えかけるものがあるんでしょうね。それは認めようと思います。

けれどね、昨日も旦那に言ったのですが、だからといって、私がそんな落ちるところまで落ちた経験がないから劣っているとは思いたくないのですよ。望んで落ちるところまで落ちることなんてできないし、それはしかたないことだと思いますし、でも、私の生きてきた人生が間違っていたとも思えません。人にはその人だけの生き方っていうのがあるわけですから、私は旦那の感情移入できない歌以外で感情移入できる歌があるわけですから、私はそれを大事な事だと思いたいのです。私には私の、旦那には旦那のツボというものがある。ただそれだけなんだと思いたいです。そう思えば、他人が自分の嫌いなものを好きだと言っていても、感情的にならずに受け止められるんじゃないかなあって。そんなふうに思いますね。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。