スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなこと書いてる場合じゃないんだけど

2014年10月25日 22:06

ほんとはね、本家ブログで連休のことを書こうと思ってたんだけど、いろいろとありまして今日は書く時間が取れませんでした…と言いつつこんなもん書いてる。ならば、こんなこと書かないでそっち書けよと自分でも思ったんだけど、まあ、連休の話題はわたしにとって大切な思い出であり、やっぱそれなりの覚悟(何言うてんだか)で書きたいわけよ。けど、こっちの話題はまあいわば脊髄反射。つーことで、なんか言い訳しつつえいっと書いちゃう。(笑)

とあるブログを読んでたら、「お前ら好きなエントリはちゃんとローカルに保存しておけよ!」とタイトルで叫んでた。ここまで書きゃリンクすりやいいんだけど、まあしない。記事に言及というよりは、書かれてることで、ああ、そうだよなあ。わたしもそう思うよ、けど、昔のわたしならいざしらず、今のわたしは他人の書いたものはローカル保存するほどの文章に出会えてないよなあ、と。ただ、過去に消えてしまって悔しい思いをした文章が、それが自分の書いたものであるということがいまだにトラウマとなってるよなあ、と。

これ何度も今までに書いてきたことなんだけど、2003年だったっけ、8月くらいから11月くらいまでの日記ログが完全に消失してしまったことが、今でもほんとーに残念でならなくて、どうにかして取り戻せたらなあ、今、もし選択シーがあったら、その時に戻してもらってログを何とか今の時間に持って帰れないものだろうかと考えてしまってるほど、それほど、あのログが消えてしまったことが悔しくて悔しくて。

今、子供の頃の日記からウェブで書き出す頃までの日記を編集している最中だけど、どうしてこの頃に日記書かなかったんだろう、とか、もっとそれについて詳しく書いときゃよかった、とか、そんなふうに思う頃のこともあったりして後悔したりすることもあるんだけど、それはまあ、実際には書かなかったわけだから悔しくても多少は納得はできるわけ。けど、ちゃんと詳しく書いたものがなくなってしまったというのはどうしても自分の中で納得ができないわけなんだよな。そういった執着はあんまりよろしくないとは思うんだけど、その消失したものが今でもけっうよく書けてたとわかってるものだったりすると、さらに余計に悔しくて悔しくて。それをもう一度読み返したいと切実に願ってしまうほどに。

わたしは自分の書いた物はウェブにもあげてるし、ローカルでも保存してるし、いろいろ保存はしてるわけだけど、それは昔もそうだった。ただ、その消失した時はほんとに運が悪くて、ローカルというかディスクに保存したあとにウェブ上のログを消したあと、ディスクがウィルスに感染してしまったために、どうしようもなく消えていくのを眺めているしかなかったという。ほんとに運が悪かったんだよなあ。今でもその頃の日記は読み返してみたいという気持ちはある。ちょうど、旦那さんがパン屋さんに勤めてた頃のことで、その頃書いてたものをむしょうに読み返したくなる時があるんだよね。あまりいい日々ではなかったその頃なんで、最初はいい思い出のない時期だから、神様が忘れてしまえと言ってんだとムリヤリ納得しようと思ったんだけどねえ。やっぱ無理だった。読み返したい、ほんとに。

わたし、ほんとに自分の書いた物が好き過ぎる。何度も何度も読み返してもまた読み返したくなる。

あの時の日記、ちゃんと存在してたのに…今はもうどこにも存在しない。

もちろん、この記事もこれ書いたあとに保存するよ、うん。(笑)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。