スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしの好きは

2016年04月05日 08:43

「好き」を表明するハードルなんて、低ければ低い程いい: 不倒城

しんざきさんが言っていることと少し違うのかもしれませんが、わたしも昔から好きな作家やアーティストに対して自分の好きな気持ちをとうとうと語るほうで、どちらかというとわたしの好きはミーハーな感じなので、他のファンの人たちからはけっこう批判的な目で見られていたものでした。ガクトさんに対してもなんですけど、中島さん(栗本薫)のことで熱く熱く語っていた頃は、わたしは作者をダメにするファンというレッテルを貼られたりしてました。作者をダメにするファンって何だよと当時だけでなく今でも思ってますが、その人たちがそう思いたい気持ちも、今はわからないではないです。その人たちにとっては変化する前の作者の作品が好きであったのだから、それを変えてしまったかもしれないファンを認めたくないというのもしかたないかなあって。まあ、わたしだったら、自分の好みだった作者が変わってしまって好みじゃなくなったら、とっとと見切りつけてその作者からは離れて、新しい好みの誰かを探しますけどね。で、それを「本当の好きじゃない」と言われてしまったりするんでしょうけど、別にいいじゃない。好きに嘘も本当もないでしょって。好きは好きなんだからさ。

ただ、最近では、昔、日記でガクトさんや中島さんのことを取りあげて、どれだけ自分がその人たちの作り出す作品や世界観や考えを好きなのかを語り倒していたのですけど、今はほとんどそういうことをしていません。中島さんは亡くなってしまったし、ガクトさんに至っては、好きという気持ちはなくなってはいないけれど、昔ほどの熱狂的な思いはなくなっていると自分でも感じています。ガクトさんのことを語り倒すことが今はできない。時間的にも無理ではあるんですが、時間がなくても語りたくてしかない場合は語り倒すのがわたしであるので、やっぱりそれほどの気持ちが今はないということなんでしょう。それでも、実は語りたいとは言わないまでも、最近好きになってきた作者さんたちのことを「この人好きなんですよね。これこれこういうとこが」とちょっと語りたいという気持ちも出て来てはいるんですけど、なかなか書けない。中貫さんのことは書いてるんですけど、他にも何人かいるんですよね、作者買いをしている漫画家さん。その人たちの作品がどうして好きなのかを昔のわたしだったらしつこいくらい日記で書いたと思うんですけど、やっぱ少し「あなたは作者をダメにする」と言われたことがトラウマになってるのかもしれないなあと思ったりしてます。

まあ今は、とにかくガーディアンを完結させることを考えなくてはならないから、何かについて語るというのもそれからになりますけど。てか、これ、本家のブログで書けばよかったかな。しんざきさんの記事にほとんど関係ない内容となったから、それ外して本家に転載しとくか。(笑)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。