スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きてさえいれば

2016年08月16日 08:49

とある人の書いた記事を読んで、その「騒動」は見守ってたわけじゃないけど、似たような物語をゲクトで書いたこともあって、今見てるこの人の書いた記事(リンクはしない)を読んでたら、ああ、あの話でもあったよなあ、告白しちゃダメや相手に告白しようとしたキャラの話。まあ、わたしの書いたものは告白することはなかったけれど、結局は愛する相手のことを守るために命を落としたという話にしたわけで、ああいった愛する人を守るために命を落とすことって現実にもあるはず。

で、記事を読み進めてたら、今度は別の作品のことを思い出した。ちょうど今読み返しをしてるJETさんがアマンダ・ブラウニング原作で描いた「罠に落ちた秘書」という作品。たとえとしてはまったく重なるところはないけれど、この作品に出てくるキャラが愛していた人に冷たく拒絶されて生きていけないとなって自殺してしまうんだけど、そのせいで、自殺した男の親友が拒絶した女性に復讐をするという物語。というのは表向きのこと。真相は違っていて、これも冷たく拒絶した女性は、愛する人を守りたいがために拒絶したわけで、自殺さえしなければ、いずれは真相がわかって幸せになれるはずだったんだよね。つまり、自殺した人は心が弱すぎた。これが別の誰かであったなら、たとえば、自殺した人の親友の男であったなら、裏切られたことで絶望して自殺なんかせずに、裏切った女性に復讐するために生き続け、いずれ真相を知って和解するということもできたはず。だから、酷なことを言うと、一連の騒動で誰に非があるかとしたら、わたしは自殺した人に非があると思う。自殺したことで、自分も不幸にする上、さらに自殺した人の親族、友人も不幸にし、そして、愛していたはずの相手をも地獄に突き落とす。人は拒絶して誰かに顛末を話した相手に非があるというだろうけれど、それはあるけれど、彼だけじゃない、非があるのは。自殺してしまう人はたとえ相手が誰かに顛末を話さなかったとしても、いずれは自殺してしまったんじゃないかと思うよ。自殺しそうになった過去のある自分が言うんだから間違いない。だから、話してしまった人にも非はあるだろうけれど、自殺してしまった人のほうが一番非があると思う。

生きてさえいれば、いつか自分を受け入れてくれる誰かが現れるはず。もしかしたら現れないかもしれないけれど、生きていればそれでも可能性はゼロじゃない。だから本当は死ぬべきじゃないんだ。そうは言ってもこう言っているわたしであっても、死にたいという気持ちから逃れられない。今はまだ大丈夫だけど、一線を越えてしまう危うさはいつも抱えている。だから必死になって現実逃避としてのハーレクインのマンガがあるわけで、それらは今のわたしを確実に救ってくれてるんだよ。強くあるために。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。