スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想万歳

2016年09月18日 08:34

結婚して子供のいる自分は物語の主人公になれない、とかいうのを書いてる人がいた。そりゃあ、その人があげてるよーなアニメの物語じゃあ主人公はその子供たちなんだろうけれど、物語という括りでいうなら、どんな物語の主人公だって子供がいようが年寄りになろうが主人公でしょ。もっとも、タイトルだけにケンカ腰になってるってだけのわたしだから、その人の気持ちはわからないではない。

わたしだって、かつて自分が好んで読んでた物語の主人公にゃもうなれないって思ってるし。赤毛のアンとかポーの一族とか他、恋愛漫画・小説などといった類の物語たち。50代になっちまったおばちゃん、いやもうすでにおばあちゃんの域に突入した自分はそんな物語の主人公にはなれない、間違いなく。まあ、なりたいとも思わないけどね。

まだ少女の頃、そうだなあ、高校生くらいまでなら、物語のような生き方をしたいと強く思っていたものだけど、社会に出て、生きていくことの難しさ、自分の社会性の無さを痛感するようになっていくと、物語のような生き方なんてとんでもないと思うようになっていった。物語のような生き方をする人も現実にいるわけで、そういった人たちの波乱万丈な人生は、本当に大変なものなんだってわかるようになっていくんだわ。だとしたら、そういうのは現実ではまっぴら、けど、退屈な人生だけもつまんない、というそういうワガママな欲求を満たしてくれるのが、物語であると思うようになるわけで。つまり、物語のような主人公に疑似体験ができるのが、読んで楽しむ物語たちとなる。

妄想万歳。

結婚して子供がいる主人公の物語も巷にあふれてるよ。わたしが最近好んで読んでるハーレクインの物語はそういうのが多い。そういうので疑似体験して楽しむのもある意味物語の主人公になったようなもの。そんなふうに楽しく生きていくことが、今のわたしの生きがいかな。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。