モノは言いようだよ

2017年03月24日 07:21

今朝のガクトさんの日記は新曲のMVのこと書いてた。地上波では流れないことはわかってたんだそうな。けど、ネットでも規制がかかるとはあまり思ってなかったらしい。ただ、作りたいものを作ったと言ってて、そりゃそうだよね、作りたいから作ったからああなったんだよね。そりゃそう言うしかないわ。ただ、ガクトさんが「世の中の色んなリスナーは自分の好みで好き勝手なことを言うが、それもそれぞれの感じ方なのだから、否定する必要もなければ、わざわざ肯定する必要もないだろう。」と書いてて、うーん、まあ文章だけで見ると冷たいよなあと思わないでもない。というか、それよりも好きに否定、肯定してくれればいいよ、くらいな言い方できないのかなあって。それから「ボクも音楽を通して自分の存在理由をなんとか打ち出して来ただけにすぎない。ここまでこうやってやって来れたのもこんなおかしなボクでも応援してくれるファンのみんながいるからであって、自分の好きなことだけやっていてもそれを感じてくれる人がいなければただのオナニーにしかならない。」と書いていて、それわたしもそうだし、こんなわたしにも応援してくれた人がいたからこそ小説を書くことができたわけで。あまつさえも賞をもらったり雑誌に掲載してもらったりしたわけだよね。でも、わたしが小説を書く理由は存在云々というよりも、自分が読みたいものを自分で書いただけだって今はわかってるから、誰も感じてくれなくてもオナニーでもかまわないんだよなあって思う。もっとも、それはそれで「それもありだよ」ってガクトさんは言ってくれるだろうとは思うけど。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)