ハーレクインでよくある話

2017年05月08日 08:22

「こうのとりのゆりかご」開設から10年ですか。当時話題になってたよなあ。ここから養子になった子も大きくなって、自分のルーツを知りたくなる子も出てくるだろうっていうことらしいけど、その中でも「捨てられた」という思いはどうしても持ってしまう場合もあるだろうね。そういうの見ててハーレクインでもそういうのよく見るけど、どうしても捨てる側の親の気持ちをわたしの場合は考えてしまう。確かに、いらないという簡単な気持で捨ててしまう親もいるだろうけど、すべてがそうじゃない場合もあるよね。いろんな事情でどうしても育てられないという場合とか。死なせたくなくてそういう生きる可能性のある場所に捨てることはまだマシな親だと思う。もっと非道な親は命を奪うだろうし。それに比べたら、生きれる可能性のある場所に捨てるほうがマシだよ。わたしはそう思うな。で、誰かがコメントにも書いてたけど、捨てた親より育ててくれた親とのことだけを考えたほうが幸せになれるって。捨てた親には産んでくれてありがとうくらいな気持で、それ以上のことは考えず、大事に育ててくれた今の親に対して、一生かけて親孝行していけばいいんじゃないかなあ。

ハーレクインといえば、フランスの大統領選決まったらしいんだけど、新大統領マクロン氏って39歳で、奥さん25歳も年上だそうな。しかも、マクロン氏の高校時代の英語教師だったっけ。さらに、奥さん、連れ子と孫がいっぱいいるらしい。で、マクロン氏が猛アタックしたそうな。すごいな。ハーレクインを地でいってるな。でまあマクロン氏、若いし、カッコイイし、マジでハーレクインばり。物語だわあ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)