タイムリープ物

2017年09月01日 07:05

最近、タイムリープ物が多くなったな。気になってたマンガも三巻で完結したから買って読んだけどそれだったし、実写版「僕だけがいない街」もその気になってたマンガと同じような内容だったし。ただ、読んだ感想が、んーーーーちょっと納得いかないもので、もにょってる。元祖タイムリープ物である「時をかける少女」でさえもそうだったしなあ。好きは好きだったんだけど、自分が満足いくものはどうしても遭遇したことがない。それらはすべてバッドエンドだし、ハッピーエンドだとしても切なさが表現されているということでどうしてもスッキリと幸せにはなれないんだよね。タイムリープ物ですっきりハッピーエンドは無理なんだと思う。だから、最近では、タイムリープ物はあんまり読みたくないものではある。気にはなるから一応読むけど、たぶん、手放すだろうな。とりあえず「きみとけ」は旦那さんの感想聞きたいから、無理やり読ませるつもりだけど。(笑)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)