スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魂の黄昏時

2018年01月25日 07:00

「君の名は。」誰かさんがついったーで感想書いてて、タイムリープ物の、明日昨日の君と~をあげてたんだけど、ええーと思ったら、確かに似てるといえばそうだけど、アッチよりは普通にハッピーエンドだったから、そこまで切ないという内容ではなかった。まあ、それが切ない理由ではないんだろうなとは思ったけど。ただ、なんだろう、ホントに今のわたしにはタイムリープ物は受け付けなくなったなあと思った。ああいった内容のものはハッピーエンドにはなかなかなりえないし、なったとしたも、ちょっと納得ができなくて、今回のはそれほど納得できないわけじゃなかったけど、それでも、素直に喜べなくて、なんかうまく言えないんだけど、ようするに、何度も見るのはちょっとなあと思ったのが正直な気持ち。もっと若い頃なら、素直に「よかった」と言えたんだろうけど。あれかな、心がマジで年取ったのかなって。まあそれもあって、ちょっとだけ淋しくなった。楽しめる物語の幅が狭まったということで。昔は何でも楽しめたのになあ。やっぱ魂の黄昏時なのかも。ってなんだよ、それ。(笑)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。