スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意味

2005年09月30日 13:23

そうだね。いつかは死ぬのに生きなくちゃいけない理由なんて誰にもわからないんだね。


どうせ死ぬのに、生きてるなんて気持ち悪い、か。


その気持ちをわかってしまう自分だから死にたいって思ってしまうのかな。
人が、大切な物が、死んで消えていくのを見るたびに、どんどんわからなくなっていく、生きていくことの意味が。
楽しいことが待っているから、とか、理由なんてない、とか、いろいろ言われてるけれど。


たぶん、誰かが死ぬときに感じるその気持ちがあるから、人は「生きなくちゃ」って思うのかもしれない。
つまり、自分ひとりのことしか考えてなかったら、死にたいなんて思わないって。
人は他者の存在で自分を確認する生き物のような気がする。それが自然の形なんだって。


自分を大切に、とか、自分を好きだと思えれば強く生きられるっていうのが定説のような風潮だし、私だってそう思っていたけれど、そういう生き方はできない人だって確実にいる。


そして。


私ははきっと自分のことばかり考えているから、だから「死にたい」って思うのかもしれないって、何だかそう思えてきたよ。
私は自分を好きになるよりも誰かを本当に好きにならなくちゃならないんじゃないかな。
私の好きって本当の好きじゃないのかもしれないな。


本当の好きって何だろう。


前に切り捨てたあの彼が言っていたけれど、本当の愛がわからない私に、君のその愛も間違いなく本当の愛だよって言ってくれたけれど。それを自分自身が実感できなくちゃ本当もクソもないよね。


でもやっぱりわからない。
本当の好きも本当の愛も。
どうしてわからないのかもわからない。
だからなのかな。
私をロボットみたいだと言う人がいたのも。
私には私自身の考えや言葉がなく、まるで小説の中の人物が語っているようだと言っていたのも。


でも、そうかもしれないと思う私もいる。


全てはあの日、幼い私が幼い二人の女の子に渡した手紙から始まったんだ。
私はそういう人間だった。
本当の私なんてどこにもいないんだって。
私に意味なんてないんだって。


意味があると感じるためにはどうすればいいんだろう。
あの人のように書く事で意味づけをするのが一番性に合ってると思うんだけど、それもわからなくなってしまった。
彼の言うように、何も考えずに機械的に動くことだけが、死にたいとは思わない生き方の最善方法なのかもしれないな。


だけど、考えないわけにはいかないのも私だし。
も~わけわかんなくなってきた。
つーか、こんなこと書いちゃうのも、ぜーんぶこのアニメのせーだ。
おっ、いつものごとく他のせーにしちゃいますか?
いいもん、それで生きていけるのなら。
キレイごとなんかクソ食らえってんだいっ!


……てか、ノイズちゃん、はよメシ食えよ。(--;




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。