スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真実

2005年10月22日 10:48

真実って、たぶん事実のことなのかなあって思った。


真実を見せてとよく言われるけれど、そこには自分の考えや思いを付加しない「事実のみ」が淡々と綴られてなくちゃならないのかも。


つまり、書かれている物に書いた者の感情が一切入っていないものが真実ってことか。
だから、そういうものは読んでいておもしろいとか楽しいとか悲しいとか怒りとかそういう感情は出てこない、いわゆるつまんない文字の羅列ってことになると私は思う。


で、そういうものって私もなんだけど、いんすぱいあされて何かを書くってことにはならないんだけど、そういうもので何かを書けるっていうふうにならなくちゃいけないかなあなんて、ふと思ってしまった。


ひとつの事実がそこにあり、それをいろいろな立場から「こう思う」ということは当たり前のことなんだけど、時としてそれを当たり前として片付けることができない場合も出てくると思う。たとえば裁判なんかではね。
私は人よりいろいろな立場で見れるという自負もあるんで、判定することがなかなかできないわけなんだけど、もし選ばれてしまったら…果たして私はその義務を遂行できるだろうかとまたしても起こってもないことで悶々としてしまう。


確立はけっこう高いと思うんだけどなあ、みんなもね。
できれば一生選ばれることなければいいと思うけれどね。


(4-3-18)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。